千葉

千葉県長生村のふるさと納税の紹介

ふるさと納税は、居住地や出身地にかかわらず、個人が応援したい自治体に対して寄付を行える制度です。地域の活性化・振興に貢献できるだけでなく、返礼品を受け取って地域の魅力を再認識できます。そこで今回は、千葉県長生村のふるさと納税について調査しました。

村の紹介

千葉県長生村は、房総半島に位置し、九十九里浜に面しています。東京都内まで60キロメートル程度、千葉市まで30キロメートル程度の距離です。

温暖な気候に恵まれているため、過ごしやすい環境です。交通面は、国道128号線を中心に道路網が整備されると共に、JR外房線が走っています。長生村唯一の駅・八積駅が公共交通の要衝の役割を果たしています。同駅を利用することによって、千葉駅に45分程度、東京駅に1時間程度でアクセス可能です。

村がおすすめする人気の特産品・返礼品

アイガモ農法によるお米(白米5kg
寄付金額10,000円

千葉県長生村の返礼品の1つである千葉県産のコシヒカリは、アイガモ農法を用い、雑草や害虫の発生を防いでいます。栽培する工程において、薬品類を一切使用していません。安心安全を第一に考えて生産しているため、ちばエコ農産物に認証されています。

水産加工品詰合せ
寄付金額100,000円

村内の業者が自信を持って提供している水産加工品のセットです。
熟成したカラスミの他、サザエやシッタカなどの水産加工品をセットにした商品は、祝い事や宴会にピッタリです。多種多様な料理に活用できる上に、酒の肴に最適です。尚、貝は下処理を済ませてボイルしたものを届けています。

長生産ふさこがね(玄米180kg)
寄付金額100,000円

ふさこがねは、千葉県独自のブランド米です。2006年に発売がスタートしました。お米1粒1粒のサイズが大きく、食感が良好です。鮮度を追求し、玄米の状態で届けています。

ふるさと応援寄付金の使い道

千葉県長生村は、村名になぞらえて誰もが健康で長生きできる村を理想とし、地域福祉の向上や生涯学習の拡充に取り組んできました。

ふるさと応援寄付金を子育て支援や高齢者福祉に使い、住み良い地域づくりに力を注いでいます。住民の健康維持・増進に繋がる活動だけでなく、地域産業や観光の振興に役立て、村を盛り上げています。

また、自然環境を保持する事業にも熱心です。九十九里浜をはじめとする風光明媚な土地の他、村内各地の美化活動に寄付金を活用しています。

リサイクル事業にも積極的に用いることによって、限りある資源を有効利用する方法を模索すると共に、自然と人間が共存共栄する村の実現を目指しています。

ABOUT ME
わさび
わさび
ふるさと納税を一生懸命勉強!