column

こんなものまで?ふるさと納税でもらえる変わり種の返礼品

それぞれの自治体が地元のPRを兼ねて、さまざまな種類の品を用意している「ふるさと納税」。その自治体ならではの商品が用意されていることが多く、ふるさと納税をする楽しみもあります。また、自分で購入するよりもずっとお得に手に入れられる商品もあるのです。この記事では、その中でも特に珍しい変わり種の返礼品について紹介していきます。

変わり種返礼品:体験編

ふるさと納税の変わり種はさまざまな種類がありますが、その1つが商品ではなく、「何かを体験できる」という返礼品です。その地域ならではの商品も良いのですが、思い出になるユニークな体験をすることも楽しめます。どんな体験版の返礼品があるのか、いくつか紹介していきます。

【長崎県南島原市】イルカウォッチングペア乗船券

長崎県南島原市にふるさと納税を行うと、「イルカウォッチングペアの乗船券」があります。南島原市の加津佐町の海では1年中野生のイルカ達を見ることができるので、それを活かした返礼品となっているのです。

子どもから大人まで楽しむことができ、約1時間船の上からイルカ達の様子を見学できます。乗船券はふるさと納税をすると、かづさイルカウォッチングから送られてくるので有効期限である2年以内に予約を入れて利用しましょう。

予約日に乗船券を持って出かけると、イルカウォッチングの船に乗ることができます。

券を忘れると、規定の料金を支払わなければいけなくなるので、必ず券を持っていかなくてはいけません。乗船券はふるさと納税後、1週間ほどで届きます。

【青森県十和田市】流鏑馬体験プログラム

青森県十和田市の返礼品は、「流鏑馬体験」です。十和田市は昔から良い馬の産地として有名で、「駒の里」と呼ばれています。この体験プログラムは流鏑馬や十和田市の歴史について解説を受けたり、弓矢の使い方指導を受けて実際に弓矢撃ちをできるものです。流鏑馬用の弓矢は一般的な弓矢とは違いがあるので、その違いについても知ることができます。流鏑馬といえば乗馬しなければいけないので、引き馬による乗馬も体験できるので、初心者も安心です。

ただし、この体験プログラムに参加できるのは、小学4年生以上の年齢で身長140cm以上の人となっています。すべての過程を進めると、最終的に馬に乗りながら弓矢を放つ流鏑馬を実際に体験できるようになるのです。

馬の前に安全運行員がいるので、体験している姿を写真におさめてもらうことも可能となっています。

こちらの返礼品は案内パンフレットと共に流鏑馬体験プログラム招待チケット90分用が1枚送られてくるので、有効期限1年以内に使用しましょう。体験は、4~10月末までの間でできます。

【群馬県玉村町】たまむら花火大会名誉実行委員長就任権

群馬県玉村町のふるさと納税の返礼品は、「たまむら花火大会名誉実行委員長就任権」となっています。通常、花火大会の実行委員になることは珍しいことですが、この返礼品では花火大会の裏側の様子を知ることができるのが特徴です。打ち上げ現場の様子はもちろん、担当の花火師と意見を交換したり、来賓招待者席で観覧できたりします。

来賓招待者席は打上現場から300mほどの近さにあり、観覧の際には家族や友達と一緒に楽しめるのもメリットです。同行者は3名まで可能で、昼食や夕食もついてきます。駐車券もあるので、混雑する当日も駐車する場所に困ることがありません。玉村町の地元特産品や記念手拭4枚もおみやげとして贈られるほか、当日は専属のアテンドが付いてくれるので安心です。

【神奈川県三浦市】出張マグロ解体ショー

神奈川県三浦市にふるさと納税をすると、返礼品として「出張マグロ解体ショー」をしてもらえる権利を得ます。三浦市は3方面を海に囲まれており、マグロの漁獲量で日本でも屈指とされている三崎港が有名です。この返礼品は、生の新鮮なマグロを1本丸ごと得ることができます。出張サービスで現地で解体ショーを行い、さばいたマグロを寿司や丼などにして食べることも可能です。

その量は、約100人前となっているので、大勢集めてのパーティーなどで目玉イベントにもできます。関東圏限定の返礼品なので、関東圏に住んでいる人向けです。

あらかじめ解体ショーに参加する人数と日時・開催場所を伝えておきましょう。有効期限はふるさと納税をした日から1年間になっています。


詳細ページ

【愛知県豊山町】ヘリコプター操縦体験

愛知県豊山町の返礼品は「ヘリコプター操縦体験」となっており、約15分間空を自分で実際に飛ぶことができます。フライトシミュレーターではなく、教官から指導を受けた後すぐに名古屋空港(小牧)から離発着し、ヘリコプターの操縦をする体験です。操縦の際には横に教官が乗り、安全を確保したうえで行います。「操縦練習許可書」を取得することが前提となっているので、航空身体検査を受けて2種に合格しましょう。このとき、検査代については自分で負担する必要があります。もし、検査に合格できなかった場合は、パイロットの横に座った状態で遊覧飛行に変更です。

「操縦練習許可書」を取得した後、ヘリコプターを操縦するために航空法第92条(操縦訓練飛行等)の申請をしなければいけません。そのため、本籍地が記載された住民票と証明写真の用意が必要です。手続きを終えるまでは大体30~45日ほど必要になります。有効期限はチケット発送から6カ月以内になっており、17歳以上が対象です。また、操縦体験ができるのは、午前11時~午後3時30分までの日中のみとなっています。

【三重県鈴鹿市】自分のラジオ番組を放送

三重県鈴鹿市では「自分のラジオ番組を放送する」という返礼品があります。送られてくるチケットを発行日から6カ月以内に利用する必要がありますが、1回目の放送から原則として12カ月間放送可能です。しかも、放送したラジオの内容は後日CDで送ってもらうこともできるので、素敵な思い出作りをできます。

ラジオ放送する場所は鈴鹿にあるコミュニティーFM局の「鈴鹿ヴォイスFM」です。ラジオだけではなく、ネット放送もされるので、全世界で聴くことも可能となっています。1回の放送は、基本的に15分間です。

放送する内容は自由で、事前収録となるので安心して挑戦できます。音楽を流すこともできますが、音源は自分で用意する必要があるので当日持ち込みましょう。放送する時間帯は、指定されたものから希望の時間帯を選択できます。ラジオ放送番組を持つことはなかなかできないことなので、自分の番組を持つことが夢という人も楽しめるものです。

【京都府亀岡市】パラグライダー観光タンデムフライト

京都府亀岡市でふるさと納税した場合は、「パラグライダー観光タンデムフライト」のチケット2枚分があります。三郎ヶ岳標高580mの位置からインストラクターと共にタンデムフライトを堪能できるものです。インストラクターは世界大会にも出場している経験豊富なパイロットなので、安心して参加することができます。3歳以上という年齢制限があり、80kg以上や骨粗しょう症の人は参加できない可能性もあるので問い合わせておきましょう。

1日4名までとなっているため、希望日の2週間ほど前には予約をしておくのがおすすめです。服装は基本的に怪我をしないように長袖、長ズボン、運動靴を身に着けていきます。外国人旅行者も参加可能ですが、海外旅行保険に加入していることが原則です。チケットは2枚分なので2名まで参加できます。友達や恋人、家族と一緒にパラグライダーを楽しめるのです。


詳細ページ

【大阪府枚方市】FMひらかたで貴方の歌声を放送

歌を歌うのが得意な人は、大阪府枚方市にふるさと納税するのもおすすめです。枚方市では、返礼品として「FMひらかたで自分の歌声を流してもらう権利」が与えられます。地域コミュニティー放送局FMひらかたに歌いたいカラオケを持ち込み、歌っている姿をそのまま収録してもらうものです。放送は2回行われ、その様子はCD化してもらえるので記念にできます。発行日から半年間が有効期限で、収録日や放送日などについてはFMひらかたと相談可能です。自分の歌声や曲を世に知ってもらうチャンスにできます。

さらに、FM放送だけではなく、インターネットやスマホなどを通して聴くこともできるので、遠くにいる家族や恋人・友人などにも聴いてもらうことが可能です。特に、歌手志望の人は、このチャンスを活かすのも良いでしょう。放送のために使う音源はFMひらかたのスタジオで収録するため、現地へ行くことができることが条件です。

【兵庫県多可町】ご当地ヒーローになれる券

兵庫県多可町にはご当地ヒーローである「タカレンジャー」が存在していますが、この町にふるさと納税すると、このタカレンジャーの1人になる権利が与えられるのです。1年間「タカゴールド」として活躍することができるので、憧れのヒーロー気分を味わえます。

また、ペア1日宿泊券やマスコットキャラクターのグッズもプレゼントされるので、旅行も堪能できるのがメリットです。マスコットキャラクターは「たか坊」と「ふう子ちゃん」となっています。「タカレンジャー」はテレビなどでも紹介されたことがある存在なので、子どもたちを中心に多可町の平和を守るヒーローとして慕われているのです。

一般的なヒーローショーのヒーローも人気ですが、タカレンジャーは地元密着型のヒーローとして活躍できるので、多可町のことをいろいろと知るチャンスも増えます。

【宮崎県宮崎市】世界の海洋冒険家がナビゲートするオートクチュールツアー

宮崎県宮崎市の返礼品は、「世界の海洋冒険家がナビゲートするオートクチュールツアー」を1泊2日で満喫できます。メインナビゲーターとしてツアーを案内してくれるのはプロサーファーとして世界ランキング5位の中里尚雄氏です。

中里氏は世界最高峰の大波と名高い「ジョーズ」にも、日本人として初めてサーフィン・ウインドサーフィンでそれぞれ成功している実績の持ち主として知られています。また、ツアーには中里氏のほかにサブナビゲーターとして、海のトップアスリートが同行してくれるので安心です。

マリンアクティビティはサーフィン・SUP・スノーケリング・カヤックなど好きな種目を選んで中里氏から直接教えてもらえます。また、マリンアクティビティだけではなく、ヨガや森林浴などリラックスタイムも設けられているので1泊2日をたっぷりと堪能できるのです。

アレルギーや持病などがある場合は、事前に申告しておきましょう。ホテルの食事も出ます。チケットの使用期限は、発行から1年間です。

変わり種返礼品:グッズ編

ふるさと納税をすることで贈られる返礼品の変わり種には、さまざまなグッズもあります。個性的なグッズの数々は、いろいろな種類を集めたくなる人もいるでしょう。限定品やオリジナル商品であれば数も限られており、レア度も高くなるのです。全国のふるさと納税の返礼品であるグッズ類は、どんなものがあるのか紹介していきます。

【青森県黒石市】チェスとこけしのコラボ「こけス」

青森県黒石市の変わり種返礼品は、「こけス」という高校生が考案したチェスです。その名の通り、こけしとチェスのコラボ商品で、駒がこけしになっており、チェスのルールで遊ぶボードゲームとなっています。見た目がかわいらしく、ゲーム盤は風呂敷という純和風です。そのため、海外からの観光客にも人気のおみやげとなっています。

駒の色塗りは1つ1つ丁寧に手塗りしているため、ばらつきがあるのでそこも面白いところです。こけスの駒はロクロ線のみのもの・胴体部分に赤いりんごを描いたもの・緑色の駒に青りんごを描いたものの3種類となっています。顔もこけし顔・ねぷた顔・まんが顔の3種類があるのも面白いところです。

こけスは2016年に第3回東北みやげコンテストに入賞、2017年にはふるさと祭り東京おみやげグランプリでアイデア賞を受賞しています。発送は、ふるさと納税をしてから約1週間ほどです。駒の大きさは5~8cmほど、ゲーム盤の風呂敷はポリエステル100%で作られています。

【静岡県静岡市】帯をリメイクしたオリジナルバッグ

静岡県静岡市の返礼品は、「帯のリメイクバッグ」です。リメイクバッグを作ってくれるのは「静岡よみかえる工房」で、使われていない帯を使ってトートバッグ型のバッグに仕上がります。世界で1つだけのオリジナルバッグを手に入れることができるので、帯を有効活用することができるのです。

トートバッグは一般的に使い勝手も良く、普段使いしやすいので日常から個性的なオシャレを楽しむこともできます。バッグの裏地は無地の綿・綿麻生地で、マチ部分は合皮です。また、内側にはオープンポケットが2つついているのでバッグとしての機能もしっかりあります。

ふるさと納税をした後、「静岡よみかえる工房」から専用の箱が送られてくるので帯を入れて送り返します。工房に帯が到着後、どういったバッグにしたいかなど打ち合わせを行い、制作作業開始です。出来上がりまでは約1~3カ月かかりますが、仕上がり次第送られてきます。

打ち合わせの際、金具の色やマチ・裏地の素材、バッグのサイズなどは相談次第で変更可能です。

【和歌山県九度山町】真田幸村の甲冑

歴史好きな人におすすめなのが和歌山県九度山町の返礼品です。九度山町には国内シェアの8割を誇る甲冑制作会社「丸武産業株式会社」があり、返礼品となるのはこちらの会社が制作する名将・真田幸村の二枚胴具足となります。博物館にある幸村の甲冑を素材にこだわって、忠実に再現するのです。制作するのは経験豊富な腕を持つ職人達で、一般的に上級な贈り物として重宝されています。原材料は、鉄や真鍮・綿・木・牛革などです。

ふるさと納税をした後、「丸武産業株式会社」から申込書が送られてきます。申込書に必要事項を記入して確認後、メールや郵送などで送りましょう。申込書の内容に応じて制作が開始され、約2カ月間で完成となります。申込書を返送しなかった場合、返礼品を送ってもらうことができません。

【福岡県宗像市】親孝行プランナーが作る「家族のはなし」

福岡県宗像市にふるさと納税すると、親孝行プランナーが「家族のはなし」を2冊制作してくれます。ふるさと納税をした後、1年間の有効期限があるので、その期間内に依頼しましょう。「家族のはなし」は自分の家族へのインタビューを元にして、家族の歴史を1冊の本にまとめてもらうことができるものです。

両親の記念日や誕生日などに記念として贈るのも、素敵な思い出になります。インタビューは基本的に親孝行プランナーがしてくれますが、自分でできるプランもあるのでそちらに挑戦してみるのも楽しいでしょう。

ふるさと納税後に注目内容確認書が送られてくるので記入・確認をして送り返します。インタビューをいつ・どこで行うかを確認・調整して、当日インタビューというスケジュールです。インタビューに必要な時間は、約2時間となっています。その後、「家族のはなし」の制作が開始され、1~2カ月ほどで本の完成です。

【熊本県湯前町】おっぱい神社の代理奉納セット

熊本県湯前町にふるさと納税すると、子宝や安産・良縁などにご利益があるとされる「おっぱい神社」の代理奉納セットを得ることができます。おっぱい神社は全国的にも非常に珍しく、産前・産後の乳房を型どったものを奉納する神社です。代理奉納を行うのは山あいにある「ゆのまえ温泉湯楽里」で、おっぱい神社の小さな湧水池が泉源といわれています。

返礼品の内容は、奉納おっぱい1セット・木箱入りの大おっぱいストラップ・1箱10個入りのおっぱい饅頭です。祈願したい内容を奉納おっぱいに記入し、返送するだけなので簡単です。

ただし、返送する際の送料は自分の負担になります。代理奉納された後、メールなどでその証を連絡してもらうことができます。

変わり種返礼品:権利編

ふるさと納税の返礼品の中には、オーナー権利をもらえるものもあります。全国のふるさと納税の返礼品で、オーナー権利をもらうことができるものを2つほど紹介しましょう。

【山口県柳井市】金魚ちょうちんオーナー権

山口県柳井市では、ふるさと納税をすると「金魚ちょうちんオーナー権」を得ることができます。「金魚ちょうちん」は柳井市地域ブランド認証品です。こちらの返礼品の場合は大なので、サイズは全長500mmほどあります。白壁の町並商家軒先につるされるものですが、こちらは木阪家の自宅側の軒先5枠限定です。年に2回新調され、店主がメンテナンスも行うのでずっと綺麗なまま保たれます。また、週1回ほどのペースでブログなどで報告をしてもらうので、自宅にいながら自分の金魚ちょうちんの様子を知ることができるのです。

金魚ちょうちんのオーナー権は、1年間となっています。

【神奈川県山北町】足柄茶体験型ファームオーナー権

神奈川県山北町のふるさと納税の返礼品は、「足柄茶体験型ファームのオーナー権」です。神奈川県の名産品である足柄茶。そのファーム1坪分のオーナーになる権利を1年間得られます。春夏秋冬の年4回それぞれで、季節に合ったお茶を届けてもらえるのがメリットです。5月と6月には、茶摘み体験もでき、天ぷら用の1芯2葉の新芽を20枚プレゼントされます。また、足柄茶の直売所では、オーナー特典として10%オフで購入することが可能です。

茶摘み体験などには同行者として家族3名まで許可されており、素敵な思い出作りもできます。

茶摘み体験は申し込み期限内に書類を返送する必要があるので、忘れないようにしましょう。ふるさと納税後に、「株式会社神奈川県農協茶業センター」から案内書や申込書が送られてきます。申込書に記入・確認をして郵送もしくはFAXで返送すると、「株式会社神奈川県農協茶業センター」で書類の確認がされれば、オーナー権のサービス開始です。ただ、離島や沖縄県に関しては対象外となっています。

変わり種返礼品:グルメ編

ふるさと納税の返礼品は、多くの場合、その土地ならではの名産品などが用意されています。食べ物もその1つで、その土地ならではのおいしくて新鮮なグルメを堪能することができるのです。しかし、同じグルメであれば一風変わったものを入手するのも楽しいのではないでしょうか。この記事ではさまざまな食べ物の返礼品の中でも、ほかでは手に入らないグルメについて紹介していきましょう。

【佐賀県佐賀市】名刺のり

佐賀県佐賀市のふるさと納税の返礼品は、佐賀市にしかないのりでできた名刺50枚入り4缶分です。佐賀市は、日本全国でも日本トップクラスののりの産地となっており、「2017アジアデザイン賞グランプリ」と「2018アドフェスト(アジア太平洋広告祭)銀賞」など世界的な賞も受賞しています。名刺といえば一般的には紙製ですが、のりでできた名刺は一目で印象に残る珍しいものです。名刺のりには名前や連絡先・メッセージなどを入れておくことができます。どういった内容を入れたいかは送られてくる「名刺のり注文書」に記入し、FAXもしくはメールで申し込みましょう。

オーダーメイドで作るので、申込みから2カ月間ほど待つことになります。

名刺のりに使われるのりは「有明海一番」といい、佐賀のりの中でも特に厳しい基準以上の状態で作られた高級のりです。

名刺のりは、全形(おむすびや手巻き寿司向け)と8つ切りタイプ(保存しやすいのり)がセットになっています。のりは保存期間も長く、製造日から180日間保存可能です。

【長崎県松浦市】養殖本まぐろ定期便

長崎県松浦市の返礼品は、「養殖本まぐろ定期便」の権利を得ることです。松浦市で漁獲された新鮮な養殖の本まぐろを1本まるごと届けてもらうことができます。

1本をすべて1度に届けるのではなく、1年で4回ほどに分けて送ってもらえるものです。いつ届けてもらうのかは
希望日を伝えることができるので早めに連絡しておくほうが良いでしょう。冷凍で発送されますが、どういった形で保存したいかを事前に希望できます。養殖まぐろは1本で約60kgあり、希望地までの輸送費や解体料金などは負担する必要がありません。希望できる形は柵・4枚卸・冷凍・冷蔵のいずれかです。

ふるさと納税後に、まつうら観光物産協会(鷹ら島)から要望確認書が送られてきます。その書類に希望を書いて返送すると、手続きは完了です。


詳細ページ

定期的にチェックしてユニークな返礼品を見つけよう

ふるさと納税は住んでいる土地に関係なく、さまざまな都道府県の市や町に行うことができます。多くの場合、その土地の名産品などが返礼品になっていますが、ときには変わり種の返礼品も用意されることがあるのです。返礼品に関しては常に同じものというわけではなく、季節などによって用意されている品が違うこともあります。定期的にふるさと納税の返礼品をチェックしていれば、これまでには見かけなかった面白いものを見つける可能性もあるのです。この記事で紹介した返礼品は一部のものなので、個性的なその土地ならではの返礼品を見つけてみましょう。

 

 

ABOUT ME
わさび
わさび
ふるさと納税を一生懸命勉強!