column

ふるさと納税で手に入れよう!おすすめの地元特産品

ふるさと納税制度が施行されてから10年以上が経ち、今ではふるさと納税は地方自治体の重要な財源となっています。ふるさと納税は地方活性化の意味合いが大きいですが、寄附者のなかにはその土地の特産品が送られることを楽しみにして寄附する人も多いです。

まず返礼品の目録に目を通してから、どの自治体に寄附するかを決めるのはそう珍しいことではありません。今回は、ふるさと納税の返礼品としてもらえるおすすめの特産品を紹介します。

ふるさと納税の目的とは

日本の近年の現状として、東京への人の流入が止まらず、地方では過疎化が進む自治体が増えています。人が少なくなればそれだけ税収も減って、公共事業などが滞る恐れが出てきます。この状況を打破するために、平成20年度に導入された制度がふるさと納税です。

名称に「ふるさと」とつくものの、自分の出身地に限らず、日本全国の自治体を選んで自主的に寄附を行うことが可能です。

ふるさと納税には自治体と寄附者の双方にメリットがあります。地方自治体は当然のことながら財源が増え、公共事業に力を入れることが可能になります。

寄附者には所得税や住民税の控除を受けられるというメリットがでてきます。また、ふるさと納税の大きな特徴として返礼品があります。

納税者は、寄附した自治体からお礼として、お返しの品物をもらうことが可能です。返礼品は主に地元の特産物などで構成されており、寄附した金額に応じて選べる品物も変わってきます。

また、自治体によってはふるさと納税の用途を事前に公表していたり、寄附者がお金の使い道を決めることができるところもあります。ふるさと納税は、税がどのように使われるかが見えやすいため、税に対する納税者の意識を高めることにもつながっているのです。

5000円で楽しめる!各地の特産品セット

返礼品の中には他では手に入らないような商品も混じっています。まずは、寄附金5000円でもらえる珍しい返礼品の一部を紹介します。

【岐阜県神戸町】神戸町の特産品『ごうどブランド』アソートセット(小)

「ごうどブランド」とは、町内の事業者が生産している品物のなかで、特にすぐれたものとして神戸町が認定した商品のことです。そのごうどブランドの中から、3社の商品を詰め合わせにしたものが神戸町のおすすめの返礼品です。

グリーンエムアンドジャパンの「わさびドレッシング」は、隣接する大垣市の名水わさびを使った和風ドレッシングです。神戸町の野菜をおいしく食べられるように、というコンセプトのもと開発されました。わさびの爽やかな辛さが他のドレッシングにはない特徴です。

綿重商店からは、醤油、つゆ、ポン酢の3つの商品が選ばれています。醤油は「本醸造芳醇美濃路しょうゆ」という商品で、深い甘みとコクが特徴です。

煮物から刺身までどんな料理にも合うとされています。「美濃路つゆの素」は煮物やてんぷらにぴったり、「美濃路うまかボン酢」はなべ物の他に、サラダにかけてもおいしく食べられます。

森製麩所の「小松菜入りかく麩」と「小松菜入り焼き麩」は、神戸町産の小松菜が入った麩です。かく麩は美濃地方で昔から食べられているもので、煮物料理に使われます。

焼き麩はお吸い物の具材にぴったりです。
神戸町の返礼品は料理に使える調味料を届けてくれるんだね!

 


詳細ページ

【山形県最上町】きらり横川 きらりセット

最上町は農業が盛んな自治体で、きらり横川は小さい集落ながらも六次産業を展開しているグループです。きらり横川では、地元で収穫された野菜を加工食品にして販売しており、商品を詰め合わせにしたものが「きらりセット」です。

セットの内容は、福神漬け、きゅうりはやとうり漬けなどの漬物がメインで、その数はおよそ10種類になります。

他には最上町の特産品であるトマトを使ったジャムや、そば粉を使った加工食品もあります。旬の食材を大切にしているので、季節によってセットの内容は変化するのも特徴です。

【長野県白馬村】道の駅特選セット

白馬村は人口約9,000人の自治体です。長野オリンピック・パラリンピックでは、アルペン・ジャンプ・クロスカントリー・ノルディック複合の開催地となり、世界にその名が知れ渡りました。国内最大規模のスキー場があり、ウインターシーズンには国内外から多くの観光客が訪れてきます。

白馬村の道の駅で売られている特産品をセットにしたものが返礼品となります。

内容は「紫米ポンせんべい」「白馬地粉そば」「りんごクッキー」「かぼちゃクッキー」「紫米五平もち」で、白馬村で収穫された農作物を加工した食品です。紫米とは、白馬村青鬼区で栽培されている古代米で、その名の通りきれいな紫色をしているお米になります。

また、良質な水と冷涼な気候のおかげで白馬村では良質なそばの実が収穫されます。

毎年、複数回に渡って「白馬そば祭り」というイベントが開催されるほどおいしいそばの産地として有名です。その白馬のそばを乾麺にしたのが「白馬地粉そば」です。家でも本格的な白馬そばを堪能できます。

【福島県金山町】金山町特産品 Aセット

金山町の特産品は、大塩地区の炭酸水と奥会津金山赤カボチャです。

大塩地区は、炭酸水が湧き出てくる井戸がある土地として、昔から地元では有名でした。地下水に微炭酸が混ざり、日本でも珍しい天然の炭酸水になっているのです。大塩の炭酸水は明治時代に一度商品化されたのですが、当時の輸送能力では大量販売ができず、しばらくすると販売自体がなくなりました。しかし、2004年に商品として復活を果たし、金山町の土産物として売られるようになりました。

この炭酸水は2016年に、三重県で行われた伊勢志摩サミットで、各国の代表にふるまわれたこともあります。

会津金山赤カボチャは、明るいオレンジ色とお尻にある大きなへそが特徴的なカボチャです。一般のカボチャよりも甘味が強く、イモのようなホクホクとした食感が味わえます。熟成が進むと甘みもより強くなり、ねっとりとした食感に変化します。保存期間が短いため、加工品の原料としても幅広く使われています。

返礼品の「金山町特産品 Aセット」では、大塩炭酸水と奥会津金山赤カボチャの羊羹に加え、地元の農作物を使った加工品を詰め合わせています。

【高知県】高知の名産品セットA(高知市、香美市、四万十市)

「高知の名産品セットA」の内容は「ミレービスケット」「塩けんぴ」「ゆずがり」「柚子こしょうセット」です。

ミレービスケットは、もともとは大手製菓メーカーの請負で野村煎豆加工店を含む複数の業者で作られていた商品です。野村煎豆加工店は、他の豆菓子を揚げるのに使った油でミレービスケットをつくっていました。すると豆のうま味がビスケットに移り、よりおいしい味に仕上がったという、うれしい誤算が起きたのです。メーカー側が販売から撤退した後も引き続き加工を続けたため、ミレービスケットは高知県の銘菓として浸透するようになりました。

「塩けんぴ」は芋けんぴの一種で、こちらも高地では定番のお菓子です。土産物屋に入ると大量の芋けんぴを見かけるのは高知ならではの光景です。そして、高知県はゆずの生産量が日本一の県になります。シェアは全体の半分を占め、さまざまな加工食品にも利用されています。

この返礼品のラインナップは、高知色を前面に押し出したものとなっています。

【宮城県石巻市】三陸 海の恵みセット

石巻市の産業は東日本大震災で甚大な被害を受け、特に漁業関連の事業は壊滅的でした。ふるさと納税は震災からの復興のために使われてきました。時の流れとともにかつての事業がだんだんと再生していき、ようやく返礼品に海産物を届けられるようになったのです。

「三陸 海の恵みセット」は、とろろこんぶ、焼干ばらのり、カットわかめ、ふのりの詰め合わせになります。

とろろこんぶは天然の昆布を、手作業で丁寧に挽いて作ったもので無添加・無着色、自然の味を堪能できます。そのまま食べてもよし、味噌汁の具にしてもよしのひと品です。

カットわかめは、三陸の海のわかめを食べやすい大きさにカットしています。三陸のわかめは肉厚で、塩抜きもしてあるのでそのまま味噌汁に入れることが可能です。

【山梨県富士吉田市】富士五湖セット

富士吉田市は富士山の北麓に位置する自治体で、海抜750メートルに街が位置する高原都市です。富士吉田市の返礼品は、吉田のうどんとほうとうです。

吉田のうどんとは富士吉田市の郷土料理で、地元の食材をふんだんに使用しているのが特徴です。麺は歯ごたえのあるねじれ麺で、つゆは醤油と味噌をブレンドしたものが主流です。具材は年間を通して手に入るキャベツが定番です。ほかにもニンジンや馬肉がトッピングされることが多いです。そして、忘れてはいけないのが薬味になります。吉田のうどんにはすりだねと呼ばれる、ゴマ、山椒、唐辛子を混ぜ合わせた辛みのある薬味を入れるのが地元ではポピュラーとなっています。途中で薬味を入れることで味に変化を持たせて、最後まで飽きずに食べることができるわけです。

ほうとうは山梨県が誇る県民食です。煮崩れしにくい幅広の麺となっており、カボチャやニンジン、ネギなどの山の幸をふんだんに入れて煮込む料理なので栄養のバランスもとれています。

返礼品では、うどんが3袋、ほうとうが2袋となっています。専用のつゆと、ほうとうみそ、さらに吉田のうどんの薬味もついてくるので、家でお手軽に富士吉田市の伝統の味を楽しめます。


詳細ページ

10000円で楽しめる!各地の特産品セット

ここからはもうワンランク上、寄附金を10000円納めたときにもらえる返礼品の一部を紹介します。

【長野県木島平村】特産品詰合わせセット

木島平村の農業では、豊富な雪解け水を農作物に使っています。返礼品も木島平村で育った農作物とその加工品となっています。

返礼品の目玉は「村長の太鼓判」というコシヒカリです。木島平村のコシヒカリは「米・食味分析鑑定コンクール国際大会」で10年連続金賞という偉業を成し遂げるほど高い品質を誇っています。そのなかでも、最高の品質のコシヒカリが「村長の太鼓判」に選ばれるのです。もちっとした食感と強い甘みが特徴で、タンパク含有量などの品質基準からも質の高さが伺い知れます。また、長野県の栽培基準より化学肥料・化学農薬を50%以上削減するというこだわりの栽培方法で育てられたお米でもあるのです。

「村長の太鼓判」以外には、季節の野菜や加工食品を送ってもらえます。季節の野菜は発育状態によっては、種類が偏ったり、返礼品に入れられない場合があります。逆を言えば、それだけこだわりを持って野菜を返礼品に選んでいるということです。

加工品には、トマトジュース「太陽の子どもたち」といった飲料や、丸大豆醤油、田舎味噌などの調味料が含まれています。

【鹿児島県鹿屋市】紅はるか焼き干し芋セット

鹿屋市の返礼品は「紅はるか焼き干し芋のセット」です。1袋150gの商品が10袋まとめて送られてきます。紅はるかは鹿児島県が誇るサツマイモの品種です。従来のサツマイモよりも、見た目、うま味がすぐれていて、蜜がたっぷり含まれているのが特徴です。

この紅はるかを焼き干し芋にするのに、多くの手間をかけています。まず、とれたてのイモを半地下の貯蔵庫に保存して長期熟成を行います。この熟成の過程でイモの糖度がさらにあがり、最高で糖度60度以上に達するのです。

糖度がしっかり高まったところでようやく焼き芋にします。サツマイモは焼くことでさらに糖度が増すという性質を持っています。焼きには桜島の溶岩プレートを使うので、遠赤外線効果で中までじっくり火が通り、紅はるかの持つ甘みを最大限に引き出すことが可能なのです。

そして最後に焼いたイモを干すことで水分を飛ばし、うま味と甘みがぎゅっと凝縮されることになります。こうして作られた紅はるか焼き干し芋は、しっとりとしてまろやかな甘さが楽しめる逸品となるのです。

そのまま食べてもおいしいですが、ホットケーキやアイスにトッピングしたり、炊き込みご飯やパン生地に練り込むのもおすすめということです。

【北海道函館市】函館特産品詰合せ『数の子セット』

函館市は北海道の南端に位置し、本州と北海道を結ぶ交通拠点として発展してきました。年間を通じてさまざまな魚介類が水揚げされ、また、年間500万人以上の観光客が訪れる観光都市としても有名です。北海道の中では温暖な地域に当たり、冬場でも比較的過ごしやすい、まさに場所に恵まれた自治体と言えるでしょう。

そんな函館市のおすすめ返礼品が、函館特産品詰合せ『数の子セット』です。味付け数の子の他に、ホタテ貝柱といくらの醤油漬けが入ったセットになります。しかし残念ながら、このセットは2019年4月10日時点では取り扱いがなくなっています。

それでも、10000円の寄附でもらえる函館市の返礼品はほかにもたくさんあります。

鮭の切り身セットや、いくらの醤油漬け、松前漬けなどの海産加工品は目移りするほど豊富です。自分の好みの返礼品をチョイスしましょう。

【鹿児島県志布志市】西郷どん晩酌セット

2018年の大河ドラマの放送もあって、西郷隆盛に注目が集まるようになりました。志布志市では西郷人気の後押しを受けて「西郷どん晩酌セット」という返礼品が登場しました。

内容は焼酎とおつまみなのですが、焼酎は「西郷でごわす」という西郷隆盛をかたどった陶磁器の容器に入っているのが特徴です。

飲み終わった後も、容器だけを家に飾っておくことができます。焼酎の銘柄は「さつま黒若潮」という芋焼酎になります。黄金千貫という品種のサツマイモを使い、昔ながらの黒麹で仕込んだ焼酎は、まろやかに甘い味わいがあると言われています。

おつまみは黒豚炭火焼100gと田舎どり炭火焼120gです。

どちらも鹿児島で育った豚と鶏が使われた品になります。黒豚炭火焼はバークシャー純粋種黒豚を木炭でじっくりと焼き上げ、田舎どり炭火焼は誰でも食べられるようにやわらかく仕上がっています。

【沖縄県久米島町】久米島産生”島らっきょう”1kg&球美の塩セット

久米島町は沖縄本島から西に100km離れた場所にある離島です。島全体が県の自然公園に指定されるほど、歴史的に価値のある遺産や景観に恵まれています。島では黒糖、泡盛など沖縄特有の加工品の生産が盛んにおこなわれています。また、近年の人口流出に歯止めをかけるため、「島ぐらしコンシェルジュ」という窓口を設置し、移住定住に役立つ情報を提供したり、相談を承ったりしています。

その久米島町のおすすめ返礼品が、島らっきょう1kgと球美の塩のセットです。

島らっきょうは、よく見かけるらっきょうよりも小ぶりで長細いのが特徴です。香りと辛みが強いため、沖縄では漬物ではなく、おかずとして昔から食べられてきました。その島らっきょうを土のついたとれたてほやほやの状態で1kg届けてもらえます。

できたてのほやほやのらっきょが食べれるだね!

返礼品紹介ページには島らっきょうに馴染みのない人のために、食べ方の指南が載っています。

まず流水で土を落とし、根と緑の葉の部分を切り落とす、それから薄皮を一枚はいで、水洗いして塩もみをすればできあがりとあります。あとは、鰹節を振りかけて醤油でいただくのがおいしいということです。ほかにも、天ぷらや炒め物、キムチ和えなどでもおいしく食べられます。

「球美の塩」は、海洋深層水をスチーム加熱して塩分を濃縮した液体を天日干しにしてできた塩です。舌に残るような辛みはなく、コクがあり甘みさえ感じる塩と言われています。島らっきょうとセットで届くので、らっきょうの塩もみに使うのにぴったりです。

1回の寄附で何度も楽しめる定期便

これまで紹介してきた返礼品は一度申し込みをすると商品が届いてそれで終わりというタイプです。返礼品の中には、申し込みをすると長期間に渡って定期的に品物が送られてくるものも存在します。次は、定期便で届く返礼品の一部を紹介します。

【岩手県八幡平市】 安比高原お取り寄せグルメセット・デサート付き-定期便3ヶ月-

八幡平市は国立公園八幡平と安比高原がある、東北でも有数のリゾート地です。八幡平市に、10万円以上寄附して申し込みができるのが、安比高原お取り寄せグルメセットです。これは1ヵ月ごとに3回届けられる返礼品で、どれも安比高原のホテルの総料理長がプロデュースした料理になります。

1ヵ月目の内容は、あっさりとした脂ときめ細かい肉質を味わえる「匠のプライムポークしゃぶしゃぶセット」、安比高原 匠のプライムポークといわて八幡平牛を使った「安比メンチカツ」、安比高原牧場のしぼりたての生乳を使用した「クッキーアイスセット」です。

2ヵ月目に届く品は、「安比メンチカツ」と同じブランド肉を使った安比ハンバーグ」で、シェフ特製のオリジナルソースが肉のうまみを引き立てます

また、「安比プライムポークのふきのとう焼売」は「平成28年度いわて特産品コンクール食品部門」で岩手県市長会会長賞を受賞した品になります。ふきのとうが焼売の風味のアクセントとなっています。

デザートはりんごのアップルパイ」です。ホテルの伝統の味で、りんごをふんだんに使い、余計な香料を入れないことでりんご本来の甘みを際立たせています。

そして3ヵ月目は、ホテルメインダイニングの看板メニュー「黒毛和牛のビーフシチュー」、舌の上で肉がとろける最高のビーフシチューです。「匠のプライムポークポークステーキ」は肉のうまみをがっつりと味わえるように厚切りになっています。デザートは2種類あり、クリームチーズのコクとヨーグルトの酸味をマッチさせた「レアチーズケーキ」と濃厚だけれどあと味がさっぱりしている「バニラアイス」となっています。

【埼玉県深谷市】お肉屋さんが選んだA5A4ランク深谷牛四季セット

深谷市のおすすめの返礼品はお肉が大好きな人にはうれしい品物になります。50万円以上の寄附でもらえるのが「お肉屋さんが選んだA5A4ランク深谷牛四季セット」です。春夏秋冬に品物が届くようになっており、1月はサーロインステーキ1キロとすき焼き用ローススライス1キロ、4月は霜降りと赤身のカルビ食べ比べセット650gとサーロインステーキ1キロ、7月はふっかるび350gとサーロインステーキ1キロ、10月はすき焼き用ローススライス1キロ、ヒレステーキ500gが送られてきます。

ボリューム満点の返礼品ですが、さらにこれは復興応援プロジェクトの対象品となっています。上記のお肉のほかにも、岩手県田野畑村の特産品が年間を通して送られてくるのです。届く品物は、1月に生ワカメ800g、3月に山菜セット約300g(タラの芽、シドケ)とボイルワカメ150g、7月にアイスセット8個入、9月に松茸約250g、12月に新巻鮭約2.5kgとイクラ500gとなっています。
おいしい肉と併せて海産物も一緒に届くお得な返礼品だよね!

【佐賀県玄海町】金のPremium定期便~お裾分けプラン~

佐賀県玄海町の「金のPremium定期便~お裾分けプラン~」は、1年間を通じて毎月、旬の特産品が届く定期便です。

届けられる品々は、玄海町産佐賀牛ステーキ、玄海町産新米コシヒカリ、玄海町産野菜セット、うに・このわた海産物セット、トラフグなど、山の幸・海の幸が盛りだくさんです。ほかにもお菓子や加工品など、玄海町の名物が送られてきます。この定期便は、寄附金額120万円以上で申し込みが可能となります。

詳細ページ

【島根県浜田市】浜田開府400年記念-ふるさと浜田をど・ど~んとお届け!

浜田市の定期便は少し特殊です。一定期間に定期便が届くのではなく、寄附ポイントが4000Pに達するまで月に3回返礼品が送られ続ける仕組みになっています。簡単に言うと、400万円(4000P相当)を寄附すると浜田市のすべての返礼品の中から、400万円分に達するまでおまかせで特産品が小分けに送られてくるというものです。

たとえば、初めにのどぐろの一夜干しセット(26P)が送られてくると残りの有効ポイントは3974P、次にケンボロー芙蓉ポークしゃぶしゃぶ用(10P)が届くと残りポイントは3964Pという具合にポイントが変動していくのです。

浜田市ではのどぐろやカレイ、白イカなどの海産物の特産品が豊富ですが、それ以外にもお菓子や果物、伝統工芸品といった品々が返礼品にならんでいます。希望する特産品があればこちらから指定することもできるので、浜田市が扱っている返礼品には一通り目を通しておくことをおすすめします。

ふるさと納税なら実質負担2000円で各地の特産品を味わえる

ふるさと納税は寄附額に応じて所得税と住民税が控除されます。控除が受けられるのは、寄附額が2000円を超えた場合です。たとえば、ふるさと納税で20000円寄附したとすると、そこから2000円を差し引いた18000円が控除対象となります。所得が18000円少なかったとして、所得税と住民税が軽減されます。さらに住民税特例部分として控除されるので、最終的に収める税金が18000円低くなるのです。

20000円寄附して18000円納税で得をする、つまり実質2000円で全国の特産品を味わうことが可能なのです。これまで5000円、10000円といった品を紹介してきましたが、実際はもっと手軽な価格で手に入れられると思ってください。もちろん、寄附額が高すぎると2000円を超えた額のすべてが控除対象となるわけではないので、そこは注意してください。

ふるさと納税はさまざまな自然災害からの復興資金にも利用されています。応援の気持ちを込めてふるさと納税を利用しましょう。
ABOUT ME
わさび
わさび
ふるさと納税を一生懸命勉強!