石川

石川県能登町のふるさと納税の紹介

ふるさと納税は、自分が応援したい自治体を選び寄付をすることで、その分税金が控除される、という2008年に始まった制度です。各地方自治体が地域の特産品など豪華な返礼品を提供し始めたことから、「お得な制度」として注目を集めるようになりました。

町の紹介

石川県能登町は日本海に突き出た能登半島に位置しています。豊かな海と山が広がるこの地域は「能登の里山里海」として、2011年に世界農業遺産に登録されました。

その世界農業遺産の一角を占める能登町は人口2万人程度の小さな町ですが、ユネスコ無形文化遺産「奥能登のあえのこと」など、豊かな自然が人の暮らしと融合した伝統文化が息づく町です。

能登地方の海産物は全国的に有名ですが、食のみならず、日本の原風景とも呼べる風景は一見の価値があります。

町がおすすめする人気の特産品・返礼品

石川県能登町の返礼品は海産物から名産の能登牛、お酒、お米まで選択肢が豊富です。毎年いろいろな品を試してみるのも楽しいですね。

ベニズワイガニ
寄付金額10,000円

能登の誇る海産物といえば「ベニズワイガニ」です。こちらはよく知られている「ズワイガニ」とは全く別種のカニです。

能登町の港で水揚げされるベニズワイガニは入港後すぐに海洋深層水でボイルされているので、自宅に届くとそのまま食べることができます。

濃厚な甘みと旨味が絶品の一番人気商品です。

お米10kgが毎月一年間
寄付金額120,000円

米どころの石川県に位置する能都町はもちろんお米も絶品です。奥能登柳田地区限定のコシヒカリ「こりゃまいじゃ精米」は毎月出荷直前に精米というこだわりのお米です。2kgと5kgを交互に毎月届ける、という5万6千円以上の寄付のプランもあります。

ふるさと応援寄付金の使い道

石川県能登町には将来にわたって守り続けていかなければならない、美しい海、山、そして自然とともに生きてきた人々の暮らしがあります。

ふるさと応援寄付金は、それらの暮らしを守るための、地場産業の育成や観光・地域振興の支援に使われます。また、子育てや教育支援など、地域の人々の暮らしをよりよくするための支援にも使われています。

地方自治体の多くが直面している、人口減少問題に対応するための移住・定住促進政策にも一役買っています。 ふるさと応援寄付金によって、能登の誇る名産品を実際に手にしてもらい、もっと石川県能登町を知りたい、応援したい、という方が増えてくれればうれしいですね。

ABOUT ME
わさび
わさび
ふるさと納税を一生懸命勉強!