岩手

岩手県陸前高田市のふるさと納税の紹介

岩手県陸前高田市は、2018年7月1日から返礼品をリニューアルしました。

システムは従来同様チョイス公式ポイント制です。これから寄付をする場合も、既に寄付をされポイントを保有している場合も、リニューアルした返礼品から交換の品を選ぶことになります。

換算方法は1円を1ポイントで、5000円=5000ポイントから返礼品と交換することができます。ポイントの有効期限は最後の寄付から730日、つまり2年間となっています。

従って何度かに分けてポイントを希望の品に交換しても、じっくり貯めてからまとめて交換することも可能です。寄付をするにはまず会員登録かログインをすることが必要です。

市の紹介

岩手県陸前高田市は、2011年の東日本大震災の際に甚大な被害を受けました。

2019年も仮設住宅は残っていますが、着実に復興への道を歩み、海と強いつながりを持つ魅力ある街を取り戻してきています。そして大津波の難に遭いながらも奇跡的に生き残った一本松は陸前高田市の新しいシンボルに加わりました。

リアス式海岸の広田半島には美しい白砂の砂浜が再生され、透明度の高い穏やかな海が訪れる老若男女を清清しい気分にさせてくれます。

陸前高田市は、広田湾の海藻類をはじめとする海の幸やりんごや米などの農産品に多くの特産品があります。また200年以上も前から自生していたゆずを「北限のゆず」と名づけ、お菓子やお酒、ハンドクリームなど様々な商品に利用しています。

市がおすすめする人気の特産品・返礼品

岩手県陸前高田市といえば海産物。「希少な三陸産秋鮭の味付いくら500g」
11,000ポイント

三陸産の秋鮭から取れた最高級グレード=3特のいくらを、八木澤商店の醤油と酔仙のお酒という地元産の材料と合わせてじっくりと漬け込んだその味は非常にまろやかで風味が豊かです。

薄い皮からはじけるいくら本来の味が楽しめます。

定期便で送られる便利な「たかたのゆめ白米60kg(10kg×6ヶ月定期便)」
80,000ポイント

復興に動いていた陸前高田市の基幹産業である農業の分野で、JT日本たばこ産業株式会社から「いわた13号」という種もみが提供されました。

これが文字通り実を結び、陸前高田市にしかないオリジナルのお米が誕生しました。このお米は公募により「たかたのゆめ」と名づけられたのです。

冷めてもおいしい「たかたのゆめ」は、おにぎりに合うお米として一般社団法人おにぎり協会から第一号の認定を受けるまでに発展しました。

イベントを盛り上げるユニークな返礼品。「出張かき小屋広田湾」
1,000,000ポイント

20~30人前の蒸し牡蠣や生牡蠣、お刺身を牡蠣小屋広田湾の店主自らが調理します。調理道具や食器、飲み物の準備も返礼品に含まれていますので、イベント主催者の方は準備の必要がありません。

出張範囲は全国ですが、陸前高田市以外でこの返礼品を利用する場合は交通費と宿泊費は別途かかります。

ふるさと応援寄付金の使い道

岩手県陸前高田市ではふるさと納税を複数の使い道に活用しています。

例えば買い物クーポン券やヘルパーといった出産や子育て支援の分野、タクシー助成や地域見守り隊の活動といった高齢者や障がい者支援の分野、ブランド米「たかたのゆめ」の振興や観光地としての整備を含む農林水産業や商工業等の振興事業の分野等が挙げられます。

他にも環境美化や様々なコミュニティ活動、そして農林水産物等を原材にした特産加工物の開発等「ふるさとづくり」の活動にもふるさと納税を活用しています。

また岩手県指定文化財吉田家住宅である大肝入屋敷の復元に向けての準備も進められています。

ABOUT ME
わさび
わさび
ふるさと納税を一生懸命勉強!