香川

香川県三木町のふるさと納税の紹介

様々な名産品を受け取りながら、節税対策にもなるうれしいふるさと納税ですが、選択肢がたくさんあるからこそ、どの地域へと寄付しようか困るものです。ふるさと納税の寄付先としても人気のひとつである香川県三木町のふるさと納税の特産品を紹介します。

市の紹介

香川県三木町は、香川県の東部に位置する町で、県庁所在地でもある高松市のベッドタウンとしての役割も果たしている町です。香川大学のキャンパスもあり、学生も多く住んでいるにぎやかな地域でもあり、ほかの地域名でもある三木と区別するため、讃岐三木とも呼ばれています。南北にかけて細長い地形であり、中央部が平地です。

かつてから気候に恵まれた地域で、平野部から山間部にかけて野菜や果物の栽培が古くから行われており、近年では施設園芸でも野菜や果物の栽培が盛んになっています。町全体としては、のどかな田舎のような風景が広がっており、滝や森などの豊かな自然がよく見られ、落ち着いた環境の中でも子育てに力を入れている地域です。

市がおすすめする人気の特産品・返礼品

香川県三木町は、自然豊かな地域でもあることから、返礼品としては農産物や畜産物に人気があります。

香川県産精米コシヒカリ20キログラム
寄付金額20,000円

香川県三木町の特産品のひとつであり、ブランド米でもある讃岐米コシヒカリは人気の返礼品です。三木町の豊かな自然ときれいな水質で育てられたブランド米であり、地元でも多く作られ、味が濃厚で、ねばりもあり良質な米として人気があります。主食のお米が大容量に20キログラム、その年作られた新米が届けられます。

(厳選)さぬきブランド肉食べつくしセット(三木町の肉の匠が造る!)
寄付金額112,000円

香川県は日本有数のオリーブの産地であり、このオリーブを活用した畜産も盛んです。香川県三木町の畜産は、出荷前の一定期間に、飼料の中にオリーブオイルを一定の割合で混ぜて飼育することで知られています。

オリーブ豚、オリーブ牛とも呼ばれ、赤身と脂身のバランスがあり、うまみが強く、甘みもあり絶品です。それらの豚肉・牛肉をスライス、ロースステーキ、バラ、生姜焼き用などと様々、厳選して詰め合わせています。

ふるさと応援寄付金の使い道

香川県三木町では、ふるさと応援寄付金の使い道が様々用意されています。自然豊かで、農産・畜産が盛んな地域として、自然環境及び地域景観の保全並びに活用に関する事業をはじめとして、農山村振興対策に関する事業や観光資源の開発及び伝統行事の伝承に関する事業などが寄付金の活用先の候補です。

また、香川県三木町は、子育て対策にも力を入れている地域であり、少子高齢化対策に関する事業をはじめ、教育環境整備及び青少年の健全育成に関する事業や安心・安全で住みよいまちづくりに関する事業、スポーツ、芸術及び文化の振興に関する事業といった、子育て環境を整えることに使われています。

実際に、子育ての支援施設の整備や教育現場での備品整備に活用された実績があります。このほか、三木町の住民のため、その他目的達成のために町長が必要と認める事業も寄付金の使い道のひとつです。

ABOUT ME
わさび
わさび
ふるさと納税を一生懸命勉強!