高知

高知県四万十町のふるさと納税の紹介

高知県にある四万十町は、最後の清流といわれる四万十川で全国的にも有名な場所です。そんな四万十町はどのような町なのかや、四万十町にふるさと納税をしたらどの様な返礼品を貰うことができるのかなどを紹介していきます。

市の紹介

高知県四万十町は、最後の清流とも呼ばれる四万十川が有名ですが、日本の快水浴場百選に選ばれた小室の浜や広大な森林など海・川・山すべてが揃った自然豊かな町となっています。そんな自然を活かし、伊勢エビや鮎、ウナギなどといった海や川の幸だけではなく、牛や豚などといった肉、ニラや生姜といった様々な食材が採れる食材の宝庫としても知られています。

また、近年は観光客だけではなく移住を目指す方や起業家への支援なども充実しており発展を続けているエリアです。

市がおすすめする人気の特産品・返礼品

天然に限りなく近いウナギ!「四万十うなぎ蒲焼き2本セット」
寄付金額20,000円

四万十川の河口でとれたシラスウナギに限定し、四万十川の地下水を使用して四万十川の海苔などを餌にして育てた天然に近い環境で育てられたウナギの蒲焼です。臭みもなくうなぎの旨味をしっかりと感じられる商品です。


詳細ページ

季節ごとのフルーツの味わい豊か!「1年かけて集めた特製四万十シュトーレン(3本セット)」
寄付金額60,000円

1年かけて四万十のフルーツを集めラム酒に漬け込みシュトーレンにしています。天然酵母を使用した四万十の自然を感じられるシュトーレンで、販売すると即完売してしまう人気の商品です。

四万十時間熟成の焼酎オーナーに!「四万十ミステリアスリザーブ【栗焼酎・ダバダ火振原酒】」
寄付金額120,000円

町の名前に合わせて四万十時間(約4年7ヶ月)自分だけの栗焼酎原酒(18L)を四万十の天然セラーで寝かせた後家に届けられます。720ml瓶は先行して届けてもらえるので、自分のお酒がどの様に変化するのかを想像しながら待つことが出来ます。

ふるさと応援寄付金の使い道

高知県四万十町では、ふるさと納税の寄付金を6つの使い道にしています。

1つ目は「ふるさとの豊かな地域資源を活用した地場産業の振興に関する事業」で、四万十町の農林産物を原材料とした加工品の製造や販売、観光農園化などのサポートを行うものです。

2つ目は「ふるさとでいつまでも健やかに暮らせる高齢者支援に関する事業」で、高齢者の移動手段の確保や医療機関の運営事業などに使われています。

3つ目は「ふるさとの未来を担う子ども支援に関する事業」で、出産祝い金や医療助成など子供の育成のために使われるものです。

4つ目は「ふるさと四万十川の保全、観光及び交流の振興に関する事業」で、鮎の放流や四万十ヤイロチョウの森保全活動事業など環境を保つために使われています。

5つ目は「ふるさとを守り元気にする人づくりと地域づくりに関する事業」で、四万十町の次世代を担う人材育成事業に使われています。

最後が「その他、町長が必要と認める事業」です。

ABOUT ME
わさび
わさび
ふるさと納税を一生懸命勉強!