熊本

熊本県南阿蘇村のふるさと納税の紹介

熊本県南阿蘇村は、阿蘇山南麓の高原地帯に位置するエリアであり、立地メリットを活かした様々なふるさと納税の返礼品を納税者に発送しています。その中でも畜産物・乳製品・トマトを使ったスイーツなどが人気を集めています。

村の紹介

熊本県南阿蘇村は、2005年2月に3村が合併して誕生した新しい村であり、村内には農業を学ぶ事が出来る大学も設置されています。人口は、2018年時点で約10500人となっていて、阿蘇山に降った雨水によって豊かな水資源が地下に眠っているので、「水の生まれる郷南阿蘇」としても有名です。

熊本市からのアクセスはJRやバスを使って行く事が可能で、温泉や水源を巡る事で村内観光を満喫出来ます。更に、村内を走る第三セクター鉄道も人気の観光資源となっていて、最近ではテレビコマーシャル(飲料メーカー)の舞台として使われています。

村がおすすめする人気の特産品・返礼品

くまもとあか牛シロホルモン(小腸)もつ鍋用1kg(500g×2パック)
寄付金額10,000円

九州を代表するブランド牛である、くまもとあか牛の新鮮なホルモンを冷凍パック詰めしました。九州で食べられているもつ鍋はもちろんですが、もつ煮込みや焼もつとしても食べる事が可能で、味付けがされていないので様々な食べ方が出来ます。

くまもとあか牛ステーキ2枚+焼肉用300g+スライス400gのロースセット計1.1kg
寄付金額53,000円

1kgを超えるたっぷりサイズで提供しているので、焼肉パーティーで盛り上がれる量です。

【貸切列車オリジナルヘッドマーク付き(2往復)】南阿蘇鉄道全線復旧を目指して
寄付金額181,000円

高森駅~中松駅までの貸切列車2往復(約2時間)を利用する事が可能で、平成28年に発生した大地震によって運行が一部になっている南阿蘇鉄道の復旧資金として使われます。

ふるさと応援寄付金の使い道

寄付金の主な用途としては、平成28年熊本地震被害復興に関する支援があり、被災した住宅の改修・牧場の再建を始めとした環境整備に使われています。

公共インフラの整備費用としても使われていて、上下水道・公共交通・道路などにも寄付金を使います。

それ以外には、水の豊かな南阿蘇ブランドを維持するための水資源環境対策としても使っており、水が必要不可欠な農業地域の保全や、村内にある名水百選の白川水源を始めとした遊水池の管理などが行われています。

更に、村内に住む方への社会福祉資金としても活用していて、子育て・高齢者支援・障がいを持つ方への生活向上にも取り組んでいます。

ABOUT ME
わさび
わさび
ふるさと納税を一生懸命勉強!