大分

大分県佐伯市のふるさと納税の紹介

「九州一広大なやさしさ」を持つまちづくりというキャッチフレーズなのが、大分県佐伯(さいき)市です。この市のふるさと納税・返礼品には、どのようなものが用意されているのでしょうか。この記事では、佐伯市のふるさと納税について紹介します

市の紹介

大分県佐伯市は、県の南東部に位置する市です。総人口7万1807人(2018年12末の時点)、総面積903.11平方kmで九州の市町村で1番面積のある町として知られています。2005年3月3日に同県の他町村と合併することによって、広大な新しい佐伯市が誕生しました。

海と山に囲まれた恵まれた環境によって、林業や農業、水産業など各産業が盛んです。また、豊富な生鮮魚介類を素材とした食のまちとしても知られ、特に寿司は「世界一の佐伯寿司」と名高く、全国のグルメをうならせています。

市がおすすめする人気の特産品・返礼品

大分県佐伯市がおすすめする、ふるさと納税の特産品・返礼品を3つ紹介します。

凝縮された旨味!「豊後牛A4ランク以上ヒレステーキ『頂』100g×4枚」
寄付金額26,000円

牛肉の最高傑作である豊後牛の、上品で柔らかなヒレを使用したステーキ肉です。ピチットシートと呼ばれる特殊シートを使用した独自の低温熟成製法で、肉本来の旨みや香りをさらに凝縮させることに成功しました。肉繊維が非常に細いため、口のなかでとろけるような舌ざわりを楽しめる一品です。

「豊後とらふぐ料理セット(養殖4~5人前)白子付き」
寄付金額62,000円

佐伯の海は、ミネラルをたっぷりと含んだ番匠川の水が流れ込み、漁業を行うには絶好の条件がそろっています。その海を利用した生け簀で育てられたのが、豊後とらふぐです。ふぐの季節の冬になると全国から注文が殺到し、海外の観光客にも好評です。そんな絶品のとらふぐセットが白子付きで堪能できます。

佐伯市を2泊3日で遊び尽くす!「JTBオーダーメイド型旅行パッケージ」
寄付金額580,000円

JTBによる寄附者オリジナルのオーダーメイド型旅行を、ペアで楽しむことができる旅行パッケージです。佐伯市の観光名所を楽しんだあとは、佐伯市の新鮮な食材をふんだんに使った寿司やフランス料理を堪能できます。

ふるさと応援寄付金の使い道

大分県佐伯市では、ふるさと応援寄付金を5つの事業で使っています。

「さいきのこどもたちを育てるための事業」は、0〜15歳までの子どもの通院や入院にかかる医療費(健康保険適用分)の全額を助成する事業です。

「みんなが安心して暮らせるまちを創るための事業」は、介護予防や認知症予防の推進事業です。

「みんなが元気になり、地域の活力を生むための事業」は、地域活性化が目的で、地域資源の活用および地域課題の解消などに取り組んでいます。

「地場産業を応援するための事業」は、人材育成を行い地場産業を応援する事業です。

「豊かな自然と文化を守り育てるための事業」は、佐伯の豊かな自然や文化を守るために寄付金を活用しています。

ABOUT ME
わさび
わさび
ふるさと納税を一生懸命勉強!