レビュー

地域住民だけ知っている特産品・観光名所・ローカルネタin北海道

北海道といえば何を思い浮かべますか?

広大な土地や新鮮な海鮮物、ウィンタースポーツも有名ですよね。

しかし、一概に「北海道」とは言っても地方によって特徴が大きく異なります。
道内発着の飛行機が飛んでいるくらいなので、一度の旅行で北海道を一周しようとするとかなりの時間がかかってしまいます。

様々な魅力を持つ北海道ですが、今回は朝ドラの舞台としても話題になった十勝地方のおすすめスポットについてご紹介します。

今回は、私と一緒に北海道のローカルなネタを勉強していこう!

北海道の紹介について

日本で一番広大な面積を持ち、その広さは83456.20平方キロメートルでオーストラリアとほぼ同じ大きさです。

日本で一番広大な土地を持つ一方で、人口は528.1万人(2020年5月現在)日本で7番目に多いとされています。このように人口密度が低いことからも、広大な土地と言われるのは納得ですよね。

また土地が広い分エリアによっておすすめスポットが異なり、観光名所が至る所に散らばっています。

今回ご紹介する十勝は北海道の南の方に位置しており、

”THE 北海道”と言いたくなるような自然溢れるエリアです。

美味しい食べ物もたくさんあり、季節ごとに異なった楽しみ方ができます

もう何度か行ったことがあるという人も楽しめる、よりディープなスポットもご紹介するので是非参考にしてみてください。

北海道十勝で観光したい場所について

北海道観光に必須なのが車です

十勝は電車があまり通っていないため、基本的な移動手段は車になります。

北海道は土地が広いから移動手段が限られてしまうのじゃな…

そのためまず最初にレンタカーを借りることをおすすめします。

紫竹ガーデン

十勝の中心である帯広市の市街地から少し離れた場所に位置する「紫竹ガーデン」。
季節によって咲くお花の種類が異なるのですが、特に春から夏にかけてが一年の中で一番華々しい季節です。

広大な土地に広がる約2500種類のお花や雑木に癒されることはもちろん、併設されているカフェやレストランでは十勝の食材を使った料理を楽しむことができます。

朝食ビュッフェも行っているため、滞在中に少し早起きをして訪れてみるのもおすすめです。

詳細情報

住所: 帯広市美栄町西4線107
期間:4月18日〜11月末(12月以降もレストランは営業)
時間:8:00〜18:00
定休日:期間中無休
入場料:大人 1,000円 子供 200円
団体割引(10名以上):大人 800円 子供150円
シーズン券:大人のみ 1,500円

Screenshot of shichikugarden.com

ばんえい十勝

ばんえい十勝は帯広市の有名な競馬場です。

ここでは一般的な速さを競う競馬ではなく、「ばんえい競走」という馬がソリを引きながら
パワーやスピードを競うレースが繰り広げられています。

現在日本国内でばんえい競馬を行っているのはこの「ばんえい十勝」だけなので、全国から訪れた観光客で賑わっています。

またオフモードの馬をみられる「バックヤードツアー」や、馬を始めとした動物たちと触れ合える「ふれあい動物園」もあるので子供連れでも楽しめます。

詳細情報

住所:〒080-0023 帯広市西13条南9丁目
電話:0155-34-0825(代表)

Screenshot of banei-keiba.or.jp

宙旅カフェ Soratabi Cafe

北海道の秋冬の星空を思う存分堪能できるのがこの「宙旅カフェ Soratabi Cafe」。
十勝は空気の透明度が高く、市街地から離れた場所から見上げる星空は思わず息を飲むほどの美しさです。

簡単な説明を受けることは可能ですが専門的なガイドはなく、思い思いの時間を過ごすことができます。

旅行の締めくくりに、美味しいスイーツと飲み物を楽しみながら満点の星空のもとで旅の思い出に浸るのもおすすめです。

おいしいスイーツと飲み物を楽しみながら満点の星天を見れるなんてのロマンチックじゃのー!!
詳細情報

開催期間:通年(悪天候の場合は中止)
予約締切日:3日前
料金:6,500円/一人あたり
料金に含まれるもの:保険・軽食・体験ガイド料
集合場所:宿泊先までの送迎つき ※JR帯広駅周辺に限る
体験場所:その日によって異なる
集合時間:19:30
実施時間:19:30〜22:00(前後する可能性あり)
開催人数:2人〜
申込可能数:1人〜
対象年齢:3歳〜 ※3歳未満は要相談

Screenshot of www.samuraiproduce.com

北海道十勝で立ち寄りたいご飯スポットについて

北海道はグルメの宝庫と呼ばれるほど、美味しい食べ物がたくさんあります。

ここではガイド雑誌にはあまり載っていないけど、長年地元の人に愛されているローカルなお店をご紹介します。

ランチョ・エルパソ

ここでは十勝で育てられた「どろぶた」を使った料理が楽しむことができます。

どろぶたはできるだけストレスフリーな状態を保つため放牧し、通常の豚より2ヶ月長く飼育するのが特徴です。

どろぶたの名前の通り泥遊びが好きで、天然の土を食べることで臭みを抑える効果があります。

そのため”肉質”と”味”の良さが評価され、地元の人のみならず観光客からも人気を集めています。

実際に北海道には行けないけど、どろぶたに興味があるという方は現在オンライン販売も行っているため是非チェックしてみてください。

詳細情報

住所:帯広市西十六条南6-13-20
営業時間:11:00~15:00、17:00~22:45(FOOD L.O.21:45)
TEL:0155-34-3418
駐車場:有り(25台)

Screenshot of rancho-elpaso.jp

高橋まんじゅう屋

地元の人の間では「たかまん」の愛称でおなじみの大判焼きのお店です。

ここでは十勝で収穫した”十勝小豆”を使った大判焼きはもちろん、チーズ味の大判焼きがとても美味しいんです。

小さなお店ですがお年寄りから高校生、子供づれの家族などで賑わっており、時間帯によっては行列ができることもあります。

ご飯ものやデザートもありますが、やはり1番のおすすめは大判焼きです。

テイクアウトもできるため、少し小腹が減った時に是非立ち寄ってみてください。

北海道では大判焼きのことたかまんというんじゃな! それにしてもたかまんおいしそうじゃのー!
詳細情報

住所:北海道帯広市東一条南5-19-4
営業時間:月~土 9:00~21:00、日・祝 9:00~20:00
定休日:水曜日
[browser-shot url=”駐車場:有り

Screenshot of www.tabirai.net

赤門ラーメン

帯広市から南へ数十分車を走らせた大樹町にある「赤門ラーメン」。
十勝の中心部から少し離れてはいるものの、地元の人が足しげく通う昔ながらの名店です。

もちろん帯広市内にもたくさんのラーメン屋がありますが、車で数十分移動する価値が十分にあるといえます。

スープと相性の良いちぢれ麺と、おもわず箸が止まらなくなるほどの旨味が凝縮されたスープが絶品です。

是非足を運んでみてください。

詳細情報

住所:北海道広尾郡大樹町字石坂
営業時間:10:00~20:30
定休日:不定休
TEL:01558-6-3643
駐車場:有り

Screenshot of tabelog.com

北海道十勝に滞在中のおすすめの過ごし方について

続いてはおすすめのウィンターアクティビティについてご紹介します。

マッシングワークス犬ぞり体験

全長約12kmのコースを犬ぞりで駆け抜ける体験ができる冬限定アクティビティです。
ガイドは付きますが、実際に操縦するのは自分自身という貴重な経験をすることができます。

「十勝晴れ」という言葉があるほど晴れの日が多い十勝の青空のもとで、爽快に広大な大地を駆け抜ける気持ち良さを是非一度体験してみてはいかがでしょうか?

十勝の青空のもとで、爽快に広大な土地をかける抜けるは最高じゃのー!
詳細情報

住所:北海道 河東郡 鹿追町 瓜幕 西31線25
時間:AM9:30-AM11:30、PM1:30-PM3:30
所要時間:約2時間(犬ぞりに乗る時間は1時間程度)
定休日:月曜、木曜(悪天候等で変更になる可能性有り)
料金:2名 36,000円〜 (人数やガイドの有無で変動するためHPで要確認)
※料金には無料レンタルウェア、ホットドリンク、写真データ無料コピーのサービスが含まれます。

Screenshot of www.mushingworks.com

しかりべつ湖コタン 真冬のアクティビティ

しかりべつ湖コタンではたくさんのウィンターアクティビティがあります。

雪と氷のみで作られた大きな建物の中にあるアイスバーとアイスカフェでは、幻想的な空間でドリンクを楽しむことができます。

他にも氷上足湯や氷上露天風呂、氷のグラスづくりなど大人から子供まで楽しめる体験コーナーが盛り沢山です。

雪山でのスキーやスノーボードももちろん良いのですが、せっかくなので一風変わった冬のアクティビティを体験してみてはいかがでしょうか?

氷づくしでとても楽しめる体験コーナーが盛り沢山なのか!
詳細情報

住所:北海道河東郡鹿追町北瓜幕無番地
TEL:0156-69-8008
営業時間:各施設によって異なる
期間:1月中旬から3月頃

Screenshot of kotan.jp

 

よりディープなおすすめスポットについて

 

ここからはよりディープなおすすめスポットについてご紹介します。

ひろお海鮮山鮮(うみせんやません)まんぷく祭り

十勝最南端の広尾町で毎年12月に開催されるこのイベント。
新鮮な海鮮物が格安で購入できるということで、遠方からもたくさんの方が訪れてきます。

一番の目玉である茹でたての毛ガニは身がぎっしり詰まっており、カニ好きの方にとっては堪らないイベントといえるでしょう。

他にも広尾町名物のししゃもやツブ貝など複数の海の幸を堪能することができます。

十勝の中心地からは離れていますが、機会がある方は是非訪れてみてください。

Screenshot of bemall.jp

まとめ

今回は北海道十勝のおすすめスポットをご紹介しました。

夏と冬で全く違う表情を見せる北海道は、それぞれ季節ごとに異なった魅力を持ちます。

メジャーな観光地から知る人ぞ知るディープなスポットまで、是非自分のお気に入りの場所を見つけてみてください。
ABOUT ME
わさび
わさび
ふるさと納税を一生懸命勉強!