埼玉

埼玉県鶴ヶ島市のふるさと納税の紹介

ふるさと納税とは、自分の生まれ故郷など応援したい地方自治体に寄付をすると、所得税と住民税から一定の控除・還付が受けられる制度です。同時に、その地域の特産品などを返礼品としてもらえます。

埼玉県鶴ヶ島市のふるさと納税は、5,000円からおこなえますから、気軽に始めることができます。

市の紹介

埼玉県鶴ヶ島市は、埼玉県のほぼ中央部に位置する、人口約7万人の市です。都心から45キロ圏内にあり、東武東上線で池袋から約40分、関越自動車道や圏央道のインターチェンジもあるなど、交通の便も良いことから、高度経済成長期以降人口が急増し、いまもなお郊外のベッドタウンとして発展を続けています。

4年に一度、夏のオリンピックのある年に行われる、「脚折雨乞」は、江戸時代から続く伝統行事で、国の無形民族文化財に指定されています。

市の一番の特産品はお茶(狭山茶)です。

市がおすすめする人気の特産品・返礼品

プレミアム冷凍餃子72個(サイボクハム×ぎょうざの満洲)
寄付金額10,000円

埼玉県鶴ヶ島市がおすすめする特産品・返礼品として人気がある商品として、まずこの餃子のセットを挙げることができます。1万円以上の寄付でもらえます。

この餃子は、サイボクハムとぎょうざの満洲がタッグを組んで完成させました。具材のひき肉に100パーセント使用しているサイボクのゴールデンポークは、臭みが一切なく、柔らかく、強いコクがあるのが特徴です。また、野菜や皮の小麦粉は100パーセント国産のものを使用。手作り感のあるモチモチの皮に仕上げました。

Nゲージ「卓上で楽しむNゲージ!叡山電鉄900形きらら運転セット」
寄付金額50,000円

特産品・返礼品としては、Nゲージもとても人気があり、おすすめです。この返礼品は、5万円以上の寄付でもらえます。市内にある鉄道模型のパイオニア、株式会社 関水金属の制作するNゲージのシリーズは、この商品も含め、どれも大人気で、すぐ品切れになってしまうことも多いようです。

この商品は、叡山電鉄の観光列車「きらら」と線路、コントローラーのセットで、精巧に、限りなく本物に近くなるよう作られたNゲージは、マニアならずとも欲しくなる逸品です。

老行家(ろうほんか)燕の巣食べる濃縮タイプと乾燥タイプの究極セット
寄付金額500,000円

中華の高級素材である燕の巣を使ったこの商品も人気があり、おすすめです。中国の皇帝が、美と健康を保つために食していたとも伝わる燕の巣。その燕の巣を鶴ヶ島市の特産品のサフランで煮込み、氷砂糖でほのかに甘みを付けて、黄金色に仕上げました。

このサフラン味に加え、プレーン味、プーアール茶味の食べる濃縮タイプの瓶詰め3本と乾燥燕の巣をセットにしました。50万円以上の寄付でもらえます。瓶詰めは、燕の巣がぎっしり詰まった濃縮タイプなので、それぞれの風味と食感を存分に楽しむことができます。また、乾燥燕の巣は戻して、燕の巣のスープやシロップ煮などにお使いいただけます。

ふるさと応援寄付金の使い道

埼玉県鶴ヶ島市では、ふるさと納税の寄付金の使い道を、以下の5つの事業から選べるようにしています。

子育て支援や教育環境の充実など「未来を担う子どもたちを応援する事業」、市民の健康づくりや高齢者福祉の充実など「地域で支え合う健康・福祉のまちづくりのための事業」、花と緑のまちづくりや水辺の保全など「身近な緑の保全と地球温暖化防止のための事業」、

文化財・伝統文化・伝統行事の保護など「文化・芸術活動を振興するための事業」、産業の振興、ボランティア・市民活動の支援など「活力に満ちたまちづくりのための事業」の5つです。

また、事業メニューの指定がなかった寄付金は、平成29年度は、こども医療費助成事業に使われました。

ABOUT ME
わさび
わさび
ふるさと納税を一生懸命勉強!