静岡

静岡県小山町のふるさと納税の紹介

静岡県といえば富士山がある自治体として有名ですが、県内で富士山があるのが小山町です。小山町では金太郎のように元気のある町づくりをすすめるために、ふるさと納税によって得られた寄付金を町作りに利用しています。

町の紹介

静岡県小山町は静岡県の中でも、最も北側に位置している自治体です。また小山町は日本一の名山である富士山がある自治体としても知られていて、富士山の頂上はちょうど小山町の行政区域内にあります。

また昔話の主人公である金太郎生誕の地としても小山町は知られていて、地元では金太郎をモデルにしたさまざまな名産品も作られています。

また町内にはサーキット場もあり、国際的なカーレースの大会なども開催されて、町外からも多くの観光客を集めています。

町がおすすめする人気の特産品・返礼品

金太郎サブレ詰合せ
寄付金額10,000円

1万円以上~5万円以下の寄付金で返礼品としてもらえる人気の特産品は、金太郎サブレです。

金太郎と深いゆかりのある小山町では、金太郎をモチーフにした各種の銘菓も製造されていますが、この金太郎サブレもそうしたお菓子の一つです。安全性にこだわって無添加、無着色で作られています。

本金富士山フォトフレーム(中)
寄付金額50,000円

5万円から30万円程度の寄付金でもらえる返礼品として人気なのが、本金富士山フォトフレームです。本金を使用して描かれた富士山のフォトとフレームは、富士山の頂上がある小山町ならではの返礼品で、壁にかけて気軽に飾ることができます。

アイダーダウン羽毛掛け布団
寄付金額1,500,000円

静岡県小山町のふるさと寄付金でもらえる返礼品の中でも一番高額なものは、アイダーダウン羽毛掛け布団です。アイダーダウンはアイスランドに生息している貴重な鳥で、アイダーダウンの羽毛から作られた掛け布団は、非常に高価な寝具として知られています。

ふるさと応援寄付金の使い道

静岡県小山町ではふるさと納税によって集められた寄付金を、住みよい町づくりのために利用しています。小山町では金太郎のように元気のある町づくりを目指して、町づくりをしています。

ふるさと寄付金は四つの目的に使われていて、寄付をした人は自由に選ぶことができます。

その一つが便利で快適な町づくりのための事業です。小山市をより住みやすい町にするためにふるさと寄付金が使われています。安心・安全な町づくりのための事業に寄付金を使うこともでき、住民がより安全に暮らせる町にするための事業に役立てられます。

その他に、いきいきした町作りのためにも寄付金は使用されていて、用途を特定しないことで寄付することもできます。

ABOUT ME
わさび
わさび
ふるさと納税を一生懸命勉強!