鳥取

鳥取県境港市のふるさと納税の紹介

返礼品が楽しみだからふるさと納税を納めているという人もいるでしょう。確かに返礼品は、その土地の特産物や名産品が目白押しなので、期待したくなるのも当然です。今回は海産物の返礼品が豊富な、鳥取県境港市のふるさと納税を紹介します。

市の紹介

鳥取県境港市は、面積29.1平方キロメートルと中国地方でも最小の自治体です。小さいながらも港町として栄えており、平成4年には漁獲量日本一になったことがあります。

また、漫画家水木しげるの出身地で、ゲゲゲの鬼太郎のキャラクターの銅像が並ぶ「水木しげるロード」は有名な観光地です。観光名所はそこだけではなく、市の西部にある「弓ヶ浜半島」は日本の白砂青松100選と日本の渚100選にも選ばれている海水浴場です。小さな土地に魅力がぎゅっと詰まっているのが境港市の特色になります。

市がおすすめする人気の特産品・返礼品

港町とだけあって境港市の返礼品には海の幸がたくさん選ばれています。そのなかでもおすすめの返礼品は次の2つです。

ボイル紅ズワイガニ(400~450g)×5尾
寄付金額30,000円

境港市は紅ズワイガニの水揚げ量日本一を誇ります。紅ズワイガニは通常のズワイガニよりも身が甘いのが特徴です。ふるさと納税に30,000円以上寄付することで境港市の特産品である紅ズワイガニを5尾もらえます。ただし、7・8月の夏場は取り扱いがないので注意してください。

『境港の全部を食す』旬のお魚宅配便
寄付金額150,000円

寄附金が150,000円以上になると、境港でとれる代表的な海産物をすべて味わえるお得なセットがもらえます。春夏秋冬の4回にわけて発送されるようになります。3~5月配送分はエビの詰め合わせ1.5kg、なかには希少価値のあるオニエビも入っています。6~8月配送分はマグロ、ウニ、岩ガキの詰め合わせ、9~11月配送分はのどぐろ、白いかを中心とした旬の魚5~6種類の詰め合わせになります。そして12~2月配送分は、茹で松葉ガニ600g×1尾とアワビ350~450gの詰め合わせです。

ふるさと応援寄付金の使い道

境港市に寄付されたふるさと納税は、自然保護・産業振興・観光振興・子育てと教育環境の充実化、この4つに使われています。

自然保護は観光地である弓ヶ浜半島などの保全事業が含まれています。産業振興は漁業と農業といった第一次産業への資金の還元です。

日本は全国的に第一次産業の担い手が減少の一途をたどっており、境港市も例外ではありません。次世代の漁業・農業関係者を育成するための資金としてふるさと納税の一部が使われているのです。

観光振興の主な内容は、水木しげる記念館のリニューアルや観光地のPR活動になります。また、水木しげるロードなどで開催されるイベントの資金としても役立てられます。

そして、ほかの多くの自治体と同様に、育児の負担を軽減するために経済的支援をする事業にも寄附金が使われています。

ABOUT ME
わさび
わさび
ふるさと納税を一生懸命勉強!