column

ふるさと納税を行ったあとに引っ越し!必要な手続きと注意を解説

引越しをした時は、運転免許証や住民票・郵送物の転送届などの住所変更手続きが必要です。

ふるさと納税を行った後に引っ越す場合も、忘れずに住所変更手続きを行いましょう。

これから、ふるさと納税について概要や利用の流れをご紹介します。また、申し込み後に引越しをする際の手続きや注意点についてもご説明しますので、参考にしてみてください。

今回は僕と一緒に引っ越しをした際にふるさと納税はどうするべきか勉強していこう!

ふるさと納税の概要

ふるさと納税とは、自分が好きな地域や応援したい市町村に寄付をすることです。

生まれ故郷や応援したい自治体に対して行うことが多く、「納税」をして「寄付」をする制度を指します。

寄付の金額に応じて返礼品が用意され、地域の特産物や優待券などを贈ってもらえることが特徴です。

ふるさと納税は寄付金控除が受けられるため、所得税や住民税の節税にも繋がります。

しかし、ふるさと納税をすれば、自動的に納税額が安くなるわけではありません。

控除を受けるためには、確定申告やワンストップ特例制度などの手続きが必要です。

ふるさと納税が人気な理由は、好きな地域の応援ができるからです。

また、返礼品があるため、控除を受ける手続きの手間がかかっても、ふるさと納税を選択する人が増えています。

一般的に、ふるさと納税を利用する時と利用しない時では、納税額は同じです。ふるさと納税を利用すると、寄付金控除が受けられ、返礼品も受け取れます。

つまり、同じ納税額でも返礼品や控除のサービスがあるため、ふるさと納税は人気なのです。

ふるさと納税は「寄付」として扱われるため、所得税は「寄付金控除」、住民税は「寄付金税額控除」の適用になります。

寄付金控除は所得控除の一つです。寄付金税額控除は寄付金控除額に一定税率をかけた金額を、住民税から控除できます。

寄付金控除は税金の一部が戻ることですが、ふるさと納税をした全額が控除対象になるとは限りません。場合によっては、節税にならないこともあるため、注意が必要です。

ふるさと納税の利用の流れ

ふるさと納税を利用する時は、最初に寄付先の自治体を選択します。

自治体の選び方は、好きな場所を選んで構いません。例えば、生まれ故郷や応援したい地域を探し、ふるさと納税を実施しているか調べます。

また、寄付金額で選ぶのも一つの手段です。ふるさと納税では、家族構成や年収によって控除上限額が決まっています。控除上限額を参考に、それに適した金額の寄付ができる自治体を選んでもいいのです。

寄付額や控除額はあらかじめ計算やシミュレーションができるため、それに沿って寄付してもいいでしょう。

寄付先の自治体を選択する時は、返礼品で選ぶ場合も多いです。

地域の特産物や施設利用券などが設定されていて、場合によっては日用雑貨や旅行券などを返礼品にしている地域もあります。

返礼品が旬のある食べ物の場合、届く時期が決まっているため、確認するといいでしょう。

申し込み後すぐに返礼品を届ける自治体や四半期に一度のタイミングなど、返礼品が届くタイミングもさまざまです。

食べ物の返礼品だと届く時期が変動する可能性がありそうだね!

また、各自治体のホームページには、ふるさと納税の使い道が記載されています。それを参考に、応援したい事業や地域を選択してもいいでしょう。

自治体を選択したら、ふるさと納税による寄付を申し込みます。

申込方法は電話やメール・FAXなど自治体によってさまざまです。直接窓口に行って申込むこともできます。

多くの自治体は、ふるさと納税を扱うインターネット上のサイトに登録し、そこからの申込みが可能です。申し込み後は、寄付金を支払います。

一般的には、寄付する自治体から振込用の納付書や必要書類が送られてくるでしょう。必要事項を記入し、指定口座へ銀行やネットバンクなどから支払います。

また、クレジットカード決済に対応している自治体も多いです。特にふるさと納税を扱うサイト上で手続きする場合、クレジットカード決済もできるようになっています。

寄付金支払い後は、寄付金受領証明書が届くのを待ちましょう。寄付金受領証明書は確定申告で使うため、届いたら内容確認をしてから保管することが必要です。

「ワンストップ特例制度」を利用する場合は、それに関する書類も届きます。

また、返礼品も贈られてくるでしょう。返礼品の内容によって届く時期は異なりますが、ふるさと納税をした1年以内には贈られてきます。

ふるさと納税の申し込み後の引っ越しで注意すべきこと

ふるさと納税の手続きをした後、引越しをする場合があります。

その時には、住所変更手続きをすることが多いです。

これから、「ふるさと納税申し込み後に引越しする場合の注意点」についてご説明します。

1.送付先の変更

引越し後、寄付をした自治体に連絡しないといけないケースがあります。

例えば、寄付金受領証明書や返礼品がまだ届いていない時です。また、定期便を申し込んでいる場合も、必ず住所変更手続きをしましょう。多くの自治体では、返礼品の送付先を自由に設定できます。

よって、ふるさと納税をした人の住所にしないといけない決まりはありません。

つまり、実家など他の住所に設定することが可能です。しかし、寄付金受領証明書は申し込みをした本人の住所に送付されます。

つまり、寄付金受領証明書が届いていない時点で引越しをする場合は、速やかに住所変更手続きをすることが必要です。

2.寄付金受領証明書の送付先および記載住所の変更

寄付金受領証明書を受け取っていない場合は、送付先と記載住所の変更手続きが必要です。まず、寄付金受領証明書の中には、ふるさと納税を申し込んだ人の住所が記載されています。

その内容を変更してもらえるか、確認しましょう。一般的には、各自治体のふるさと納税を担当する部署に聞きます。

同時に送付先の住所を変更してもらうことも大切です。

住所変更をしなかった場合、寄付金受領証明書は郵便の転送届を利用して届く場合もあります。しかし、返礼品の場合、住所不明などで届かない可能性が高いです。

ふるさと納税を扱うサイト上で手続きした場合は、送付先の管理はポータルサイトが担当していることもあります。

その場合は、ポータルサイトに連絡して住所変更手続きをしましょう。一般的にはメールなどの専用フォームが設けられ、インターネット上で住所変更手続きができます。

その際、納税の事実を確認できる情報を記載することが大切です。

ふるさと納税の申込者名や旧住所・寄付した日付や金額・受付番号などを記載しましょう。

その後、新しい住所を記載し、変更手続きの依頼をします。

ポータルサイトのマイページ上で、自分で変更できるサイトもあります。

その際には、寄付金受領証明書や返礼品の送付状況を確認しましょう。すでに出荷段階や発送完了になっている時は、住所変更手続きをしても、旧住所に届く可能性があります。

そのような場合は、お問い合わせや電話を利用し、早めの対処が必要です。出荷段階の時は送付先の変更が間に合うかもしれません。

間に合わなかった場合は、郵送や宅配会社に連絡して、配送先を変更することも可能です。

3.寄付金受領証明書の保管

寄付金受領証明書は、確定申告で利用する大切な書類です。

引っ越しの際になくしてしまうこともあるため、紛失しないように気をつけましょう。

また、ふるさと納税の控除を受ける時には、寄付金受領証明書の原本が必要です。郵便局へ転送届を出しておけば、引っ越し後の住所に届く可能性は高いでしょう。

しかし、タイムラグなどがあった場合、住所不明として返送されることもあります。

万が一、寄付金受領証明書をなくした場合は、各自治体に連絡して再発行することが可能です。通常は再発行に応じてくれますが、

1回に限る」など条件付きで再発行をする自治体もあります。また、一切行っていない自治体もあるため、寄付金受領証明書はなくさないことが大切です。

さらに、再発行までに時間がかかる時は注意しましょう。

寄付金受領証明書の再発行は結構時間がかかるんだ….

確定申告は2月~3月の一定時期しかできないため、それまでに再発行できないと手続きができません。そのため、早い段階から寄付金受領証明書があることを確認し、紛失した場合は早急に再発行を申し込む必要があります。

間に合わなかった時は、管轄する税務署に相談することが望ましいです。

住所変更した人が寄付金受領証明書を再発行する時は、新しい住所の変更手続きも行いましょう。

その際、再発行する書類に新しい住所を記載してもらえるか確認することが必要です。確定申告での手間やミスを防ぐためにも、再発行の時には現在の住所を記載してもらいましょう。

ふるさと納税を扱うポータルサイト上で再発行を申し込む場合は、受付番号と再発行が必要な理由を記載し、お問い合わせなどから連絡するのが一般的です。

その後、ポータルサイトの担当者から各自治体に連絡を取るため、一定の期間がかかってしまいます。

再発行した書類が届くまでの期間は各自治体によって異なりますが、約2週間~2ヶ月が目安です。

返礼品や寄付金受領証明書が届いていれば住所変更は不要?

ふるさと納税の申込みをした後、引っ越しなどで住所変更をする場合があります。

すでに申し込みが完了し、寄付金受領証明書や返礼品の全てを受け取った場合は、住所変更手続きをする必要はありません。管轄している税務署に現住所を記載した書類で確定申告すればいいのです。

自動的に現住所の自治体へ、ふるさと納税をしている事実が伝えられ、適切な控除も受けられます。

しかし、税務署によっては寄付金控除証明書に記載された住所と同一にすることを求められるでしょう。

その場合は、ふるさと納税をした自治体に連絡し、新しい寄付金受領証明書を発行してもらう必要があります。

住所変更が必要かは、ふるさと納税で税金控除を受けるかによって異なります。

税金控除の方法は「確定申告」「ワンストップ特例制度」の2つです。これから、それぞれの方法や注意すべきことについてご紹介します。

1.確定申告の場合

ふるさと納税の確定申告を行う場合、寄付をした翌年の3月15日までに行います。

確定申告は1月1日から12月31日までの所得を元に計算しますが、ふるさと納税で寄付した分は所得から差し引けることが特徴です。

確定申告の際には、寄付金受領証明書を用意します。手続きの際に、寄付金受領証明書の住所が引っ越し前のものでも、手続きが可能です。

しかし、税務署によって対応は異なるため、事前に所轄の税務署に聞いた方がいいでしょう。

現住所が記載されている寄付金受領証明書が必要な場合は、寄付した自治体に連絡をして再発行してもらいます。

個人事業主や不動産収入がある人・売買したもので所得が発生している場合、必ず確定申告が必要です。

また、2000万円以上の給与がある人、複数の会社から一定額の入金がある場合も確定申告をすることになります。元から確定申告が必要な場合は、他の書類と一緒にふるさと納税についての控除も手続きしましょう。

会社勤めをしている人で、会社側が年末調整をしている場合は、一緒にふるさと納税分も申告できます。よって、会社側へ事前に申告することが必要です。

1年間に6団体以上のふるさと納税を申し込んだ場合、ふるさと納税の確定申告が必要です。給与所得者で確定申告する必要がない場合、「ワンストップ特例制度」が利用できます。

しかし、その利用条件はふるさと納税の申込みが5団体以下の場合です。つまり、6団体に寄付した場合は、税務署での確定申告手続きを行います。

同じ自治体に複数回申込んだ場合は、1自治体としてカウントする決まりです。

2.ワンストップ特例制度の場合

ワンストップ特例制度」を利用すると、確定申告をせずに必要書類の提出のみで済みます。しかし、その制度を利用している人が住所を変更した場合は、決まった書面での住所変更手続きが必要です。

これから、「ワンストップ特例制度」の概要や住所変更方法についてご紹介します。

2-1.ワンストップ特例制度とは

「ワンストップ特例制度」とは、ふるさと納税をしても確定申告せずに寄付金控除が受けられる制度です。「寄付金税額控除に係る申告特例申請書」の必要項目を記入して提出した人が適用されます。申請書の送付先は、寄付した各自治体宛てです。

ワンストップ特例制度を利用するためには、一定の条件があります。

条件の一つ目は、「もともと確定申告の必要がない給与所得者」です。よって、年収が2000万円を超える人や個人事業主・不動産収入などがある人は対象外になります。

二つ目の条件は「寄付先が5団体以内」です。6団体以上にふるさと納税を利用した寄付をしていると、税務署での確定申告が必要になります。

三つ目の条件は「申し込みのたびに、各自治体に申請書を出している」です。例えば、5団体へ寄付した場合、5団体全てに申請書を提出する必要があります。

また、1つの自治体に複数回の寄付をした場合も、そのたびに申請書を提出する決まりです。提出する書類は、特例の申請書以外にマイナンバーの個人番号が分かるものを同封します。また、本人確認ができる書類のコピーも必要です

ワンストップ特例制度を利用する時は、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を用意します。

この申請書は寄付した時に送付を申し込むと、寄付金受領証明書と一緒に送られてくるでしょう。また、自治体に連絡をすると、改めて郵送してくれます。

自治体によっては、ふるさと納税の寄付を申し込む際に、「申請書送付を要望する」などのチェックを入れる場所があるでしょう。申請書は各自治体から受け取るのが一般的ですが、インターネット上で印刷できる場合もあります。

申請書を手元に用意したら、必要事項を記入しましょう。氏名や住所・個人番号・電話番号などを記載します。

また、寄付した団体名や寄付をした年月日・金額も必要です。最後に、条件に当てはまるかのチェックを行います。

必要事項に記載漏れや不備があると、適用にならないことがあるため、正しく記載した後に確認することが大切です。
必要事項に記入漏れがないか必ず確認しよう!

一般的には、個人番号が記載されたカードの表面と裏面のコピーを同封します。

通知カードの場合は、通知カードと身分証のコピーが必要です。個人番号カードや通知カードがない時は、住民票の写しでも構いません。その際には、個人番号が記載された住民票を用意しましょう。

申請書と必要書類の準備ができたら、各自治体に書類を郵送します。提出期限はふるさと納税をした翌年の1月上旬までです。

これらの書類は押印があるため、メールやFAXでの受付はしていません。よって、書類を郵送して原本を提出する必要があります。郵送方法は特に指定はなく、普通郵便などで送ることが可能です。

しっかりと届いているか確認したい場合は、追跡できる郵送方法を選択してもいいでしょう。

ワンストップ特例制度を申し込むと、翌年度の住民税が控除されます。控除額が振り込まれるのではなく、納める税金が減ることが特徴です。

ワンストップ特例制度を利用していた人が途中から確定申告に切り替えたい場合、特に手続きをする必要はありません。

その場合、寄付金受領証明書を添付して確定申告を行えば、ワンストップ特例制度よりも確定申告の内容が優先されます。

万が一、2つの手続きをしてしまった場合でも、確定申告が優先なのです。

確定申告に切り替えた場合、念のため各自治体には連絡を入れておくといいでしょう。確定申告に切り替えたことでトラブルになることはありませんが、各自治体が情報を管理する上でも大切になります。

2-2.引っ越したときは届け出が必要

ワンストップ特例制度を利用している時に住所の変更があった時は、速やかに住所変更を行いましょう。

寄付した時と翌年1月1日の住民票住所が異なる時は、必ず住所変更手続きが必要です。なぜなら、ワンストップ特例制度を利用した場合、控除されたものは振込ではなく、翌年の税金が減額されます。

つまり、しっかり申告をしないと、税金の減額がされない可能性もあるのです。

寄付先の自治体に連絡すると、寄付金税額控除に係る申告特例などの「事項変更届出書」を取り寄せられます。その届出書に必要事項を記入し、添付書類と返送しましょう。

提出期限は翌年の1月10日までで、寄付した自治体全てに届け出を出す必要があります

事項変更届出書」を提出する際、変更前と変更後の住所や名前・個人番号などを記載します。

また、新しい住所を証明する書類も必要です。マイナンバーの通知カードが新しくなっている場合はそれのコピーを同封しましょう。

新しい通知カードがない場合は、個人番号が記載された新しい住民票を用意します。提出期限は翌年の1月10日と決まっていますが、それを過ぎてしまうとワンストップ特例を利用できません。その場合、税務署で確定申告を行います。

2-3.住所変更が不要なケース

ワンストップ特例制度を利用していて引っ越しをした場合、住所変更をすることが必要です。しかし、住所変更が不要な場合もあるため、その条件を知っているといいでしょう。

例えば、ふるさと納税を行った翌年1月2日に引越しをした場合です。ワンストップ特例制度では、1月1日の住所で決まります。住民税は1月1日の時点で決定するため、1月2日以降の場合は、住所変更をしなくてもいいのです。

2-4.もしも住所変更手続きが間に合わなかったら?

ワンストップ特例制度の書類は、1月10日が提出期限となっています。

その日に必着でない場合は、ワンストップ特例制度を利用できないため、注意が必要です。もし間に合わなかった場合は、税務署に行って確定申告の手続きを行います。

ワンストップ特例制度は、必ず申し込みをしないといけないわけではありません。

申請をすると、税務署での確定申告をせずに書類だけで控除を受けられるサービスです。よって、住所変更手続きが間に合わない時に、特例で期限を延長してもらうことはできません。

ふるさと納税をワンストップ特例制度で申し込んだ時、住所変更手続きができていないと、申し込んだ分は無効になってしまいます。

つまり、申し込み時の住所と1月1日時点での住所が同じでないと、適用されません。無効になった時は、前年に行ったふるさと納税全てを、確定申告で処理します。

仮に、確定申告時期にも間に合わないこともありますが、その時は管轄の税務署に相談すると、適切な対処方法を助言してくれるでしょう。

ふるさと納税分の申告ができなかった場合は、5年以内なら正しく申告し直す「更正の請求」が可能です。また、他に確定申告をするものがなく、ふるさと納税分の申告を忘れていた場合でも、過去の申告をする「還付申告」ができます。
住所変更手続き余裕をもって変更しよう

 

ポータルサイトや通販サイトの住所変更も忘れずに

ふるさと納税を扱うポータルサイト上で手続きした場合は、サイト上での住所変更をしておきましょう。ポータルサイトからの情報を元にして寄付金受領証明書や返礼品を送っているため、変更手続きができていないと旧住所に送られてしまいます。

返礼品などが届いている場合は、すぐに変更手続きをする必要はありません。

しかし、翌年もそのサイトを利用してふるさと納税をする場合、住所変更が完了していれば、手続きや書類・返礼品の送付ミスを防げます。

年末近くに引っ越す場合は早めに手続きを

ふるさと納税をしている人が、年末近くに引越しをする場合は、注意が必要です。ワンストップ特例制度の申請書類は1月10日が提出期限になっています。

1月1日までに住所変更をした場合、住所変更をしてから申請書類を提出することになるのです。つまり、住所変更の書類を処理してもらってから、ワンストップ特例制度の書類を提出しなくてはなりません。

年末近くになると、自治体の業務が混み合って、対応に時間がかかる場合もあります。また、年末は郵便物の配送も時間がかかるでしょう。

場合によっては提出期限に間に合わないため、引っ越しが決まったら早めに手続きすることが必要です。

申し込み後に引っ越しが決まったら寄付先の自治体に連絡しよう

ふるさと納税をした後に引越しをした場合、寄付金受領証明書や返礼品が届いていない時は、寄付先の自治体に連絡することが大切です。

全てを受け取った場合は住所変更手続きをしない場合もありますが、ワンストップ特例制度を利用する時は住所変更をしましょう。

その他にも不明点があれば、寄付先の自治体に問い合わせるのが安心です。

ふるさと納税は返礼品を受け取れるだけでなく節税対策にもなるため、住所の変更があった場合は適切な手続きをしましょう。
ABOUT ME
わさび
わさび
ふるさと納税を一生懸命勉強!