ふるさと納税とは

【入門】「個」の時代で必要な税金の知識!確定申告とは?

フリーランスになると自由度の高い生き方ができる反面、会社員時代にはやらなくてもよかったことを自分でしなくてはならない場面が増えてきます。

その代表的なものが確定申告です。確定申告という言葉は聞いたことがあるけれど、実際には何のために、どんなことをするのか分からないという人は多いのでは?

そこで、今回は確定申告についてご紹介したいと思います。

確定申告とは?

簡単に言うと、1月1日から12月31日の1年間の自分の所得(稼ぎ)をもとに納めるべき税金を計算(確定申告書を作成)して、それを国(税務署)に提出して申告するという一連の手続きです。

会社員の場合

会社が社員に払っている給料(所得)を把握しています。ですので、年末調整の際に簡単な書類の記入と、保険料控除証明書などの資料の提出をするだけです!所得税の計算を代わりに会社が行ってくれます。

納税も毎月の源泉徴収というかたちで会社が処理しているので、自分で納付の手続きをすることはありません。

フリーランスの人の場合

自分がいくら稼いだかを誰かが把握してくれているわけではありません。

そのため、自分で所得税を計算して、自分で税金を納付する必要があります。とても面倒ですが、確定申告書は前年分を毎年2月16日から3月15日の間に提出しなければならず、また納付も3月15日(口座振替による納税にする場合は4月20日)までにしなければなりません。

これらの手続きをしなかったり、手続きが遅れてしまったりすると罰則があり、本来納付すべき額より多く税金を納めることになってしまいますので、注意が必要です。

税の計算が必要?

所得税の計算は、収入から支出を引いて、更にふるさと納税や生命保険など控除の対象となるものを差し引くといった作業が必要になります。

これは会計ソフトやe-taxを利用して自分で行うことができますし、税務署に行って相談することもできます。経験が無いとなかなか骨の折れる作業ではありますが、税金は生きていくうえで避けられないものですし、勉強だと思って一度全て自分でやってみるというのもいい経験になるのではないかと思います。

最近は会計ソフトも高機能なものが増えてきていいますし、以前よりはハードルが低くなっているのは間違いないと言えます。それでも、自分は事業だけに集中したいんだ!という方は、税理士に任せるという選択肢があります。

この場合は当然、税理士に対する報酬を支払う必要があります。それでも自分でやるよりも確実ですし、節税についての相談もできますので、大きなメリットがあると言えるでしょう。

まとめ

いずれにせよ、フリーランスになったら確定申告は必ずしなければなりません。
自分にあったやり方を選択して、毎年確実に税金を納めることを心がけましょう。

ABOUT ME
わさび
わさび
ふるさと納税を一生懸命勉強!