山形

山形県山形市のふるさと納税の紹介

特定の地域を応援することができるだけではなく、魅力的な返礼品ももらえるふるさと納税は、年々申し込みをする人が増えてきています。

一年のうちにいつでも始めることができる上に、自治体を自分で選ぶことができるのも大きな魅力の一つと言えるでしょう。

多くの自治体の中でも山形県の県庁所在地である山形市は、返礼品でおいしいものが手に入ることで人気があります。今回は、山形市の魅力的なふるさと納税をご紹介します。

市の紹介

山形県山形市と聞くと、まず最初に何を思い浮かべるでしょうか?

山形市は山形県の県庁所在地であり、山形県の南東部に位置しています。夏には名物である花笠祭りや、秋には巨大な鍋で煮込む日本一の芋煮会が開催されることでも知られています。

花笠祭りでは、伝統的な花笠音頭だけではなく地域の学生や子供たちが自由な発想で参加しているお祭りなので、とにかく賑やかで他県からの観光客も大勢集まります。

一方で、芋煮会は馬見ヶ崎川河川敷で名物の芋煮を配食する他、イベントも開催されるのでやはり他県から参加する人の多い行事です。

名産品としては日本三大和牛のうちの一つである米沢牛が有名です。米沢牛はサシと呼ばれる脂肪がとてもきめ細かく、とろけるような極上の味わいを楽しめるため多くの観光客にも人気を博しています。

また、お肉だけではなくさくらんぼやラ・フランスなどの果物も有名で、贈答品として送ったりお土産として持ち帰っても喜ばれています。

市がおすすめする人気の特産品・返礼品

山形県山形市でふるさと納税の申し込みをするなら、どんな返礼品があるのでしょうか?

さくらんぼ佐藤錦秀品 約800g
寄付金額10,000円

こちらは芳醇な甘さで大人気の佐藤錦を約800g詰めたものです。

10,000円以上の寄附でもらうことができます。800gという大容量ですので、ご家族で食べても満足できるのではないでしょうか。

そして最も注目して欲しいのは、さくらんぼの品質が秀品であるということです。秀品というのは優品よりも上位に当たる品質であり、一つの基準としては贈答品とみなされるほどの高品質なものを指しています。味がいいことはもちろん、見た目の美しさも兼ね備えているさくらんぼなのです。


詳細ページ

月山堂鬼面風炉・釜・炭型ヒーターセット
寄付金額830,000円

こちらは伝統的な山形鋳物の風炉釜とヒーターのセットです。830,000円以上の寄附でもらうことができます。風炉釜とは茶道具の一つであり、ヒーターもついているので別売りの炭を入れれば手軽にお茶を楽しめます。

山形鋳物は昔ながらの砂型で制作する鉄器で、着色料に天然の漆を使用しています。山形市の返礼品の中でも最も寄附金額が高額ですが、職人の手で作られた希少な伝統工芸品を手に入れることのできる貴重な機会なのではないでしょうか。


詳細ページ

さくらんぼの木のオーナー権
寄付金額90,000円

こちらは90,000円以上の寄附でもらうことのできる、さくらんぼの木のオーナー権です。

返礼品と言えば物を想像する人も多いかと思いますが、こちらは権利を取得できる珍しいものです。

普段は他県に住んでいるとしてもオーナー権を持って管理していれば、さくらんぼの旬の時期に自分だけの収穫を大いに楽しむことができます。

友人を招いて収穫会をするのも楽しいのではないでしょうか。


詳細ページ

ふるさと応援寄付金の使い道

山形県山形市のふるさと応援寄付金の使い道は2通りあり、好きな方を選ぶことができます。

健康医療先進都市の促進

こちらは山形大学で整備を進めている次世代型重粒子線治療装置や総合病院などの医療という強みを伸ばす運動です。山形大学では独自の分析を行う装置による研究を進めており、日々精進しています。市民が健康であることに重きを置くことで、年を重ねても住みやすい町つくりへの貢献ができます。

子育て、教育環境を充実させる

こちらは保育サービスや、子育て支援サービスの提供を促進する運動です。育児にかかる経済的な負担を軽減するとともにニーズに応えていくよう努め、県内トップクラスの子育て環境を目指しています。子供が生まれても住みやすい町つくりへの貢献ができる使い

ABOUT ME
わさび
わさび
ふるさと納税を一生懸命勉強!